国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

木造六観音菩薩像、木造地蔵菩薩立 大報恩寺

2018年秋に東京国立博物館で行われた「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」にも出品されていた肥後定慶作・木造六観音菩薩像(6軀)、木造地蔵菩薩立(1軀)と国宝附として六観音像内納入経を一括で国宝指定となる。

大報恩寺の霊宝殿には、国宝指定を受ける仏像の他にも、千手観音立像や木造十大弟子立像(10躯)などを保管しており、鎌倉期の仏像の宝庫となっている。2018年の東博での展示会では快慶作に見とれた後、木造六観音菩薩像がそれぞれ単体で360度鑑賞できる展示となっていたことで大興奮したことを覚えている。

コロナ禍で国宝の本堂もしばらく見ていないので再訪したい。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。