国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【ユネスコ25周年】唐招提寺 通常拝観

春に訪れた東北歴史博物館唐招提寺の鑑真和上坐像を見た。ユネスコ登録25周年では特別御開帳はなさそうだが、通常拝観でも唐招提寺の多数の国宝を見ることが出来る。

観ることが出来る国宝を挙げると、金堂 乾漆盧舎那仏坐像、木心乾漆薬師如来立像、木心乾漆千手観音立像、木造梵天帝釈天立像、木造四天王立像、講堂、鼓楼、宝蔵、経蔵となっている。9月1日~11月30日と12月31日~1月3日に開館している新宝蔵では薬師如来立像、獅子吼菩薩立像、衆宝王菩薩立像、金堂の鴟尾を観ることが出来る。このコロナ禍にあって唐招提寺関連の展示会が結構あり、現地にも行っている。おさらい的な見方になりそうだ。

toshodaiji.jp

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。