国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

刀 無銘正宗(名物太郎作正宗)前田育徳会

f:id:kokuhou:20210725112012j:plain

北陸新幹線が開業した2015年、東京から石川まで直通で2時間半となったことを記念して石川県立博物館で「加賀前田家 百万石の名宝」が開催された。前田育徳会の名品がほぼ網羅された展示会だった。そして、2020年オリンピック開催に合わせて企画されたのが、「加賀百万石文武の誉れ 〜歴史と継承〜」であった。だが、コロナで延期が決まり、オリンピックと同じく1年越しの開催となった。

最初の企画段階での規模は分からないが、今回の展示では本館1階の第7展示室、第8展示室、第9展示室の3室での展示となっていた。普段の特別展規模での開催で、テーマごとに部屋を分けての展示となっていた。最初の㈹展示室では武士の誉れと題して、刀を中心に武具や肖像画などを展示していた。

本阿弥光徳の刀絵図は刀の名物たちを写した図録で、今のように気軽に見ることができない刀たちの特徴をとらえた描き方で載せている。名家だからこそ必要な代物。昔、小金持ちの家の書斎に分厚い辞書や辞典があったのとは訳が違う。贋作を掴まされないために必要な実用書である。見たことのある国宝刀などの写しもあり、反対側に鎮座する刀たちをいますぐにでも観たい衝動に駆られるが、じっくりと絵図を拝見した。

写しを堪能した後は本物を観賞する。郷義弘作の北野江はなかなかお目に掛かれない作家の品で、稲葉江と同じ作者である。おばけか郷義弘作の刀かと言われるぐらい本物を観ることが困難な代物だが、立て続けに観ることができて大満足である。

名物太郎作正宗も余り展示がない。前田育徳会が所有する国宝は石川県立博物館でたまに展示があるが、どれがどのタイミングであるかは年間スケジュールが出てこないと分からない。今回の展示会でも何が出るかはお楽しみだったが、文武の誉れということで武の国宝は名物太郎作正宗だった。

国宝の刀としては珍しく刃こぼれがある。これは越前朝倉家と信長・家康連合軍が戦った際に、徳川家臣の水野太郎作正重が名ある侍と対峙し、この刀で兜の上から真っ向に打ち下ろして、兜の鉢を斬り割り、歯の所まで刀の刃が届き欠けたためだ。実戦で使用したことがはっきりしている国宝刀である。正宗はどちらからといえば美術的価値が高いとされ、秀吉が絶賛したことからその名声を高まった。質実整ったまさに武の誉れ的な刀である。

寛平御時后宮歌合 伝宗尊親王筆

f:id:kokuhou:20210706214938j:plain

東博の国宝室では寛平御時后宮歌合の展示があった。

1200年前に行われた歌会の記録。左右1首ずつ組み合わせた短歌の優劣を競う行事で、日本人は紅白歌合戦のようなことを昔からしていた。歌会の記録では2番目に古いものだが、紙が茶色く色褪せているぐらいで巻き物として十分読むことができる。

歌合は近衛家が大切に保管されてきたもので、陽明文庫と前田育徳会に別巻が保管されている。平安時代に藤原家が栄華を極めたのは日々の出来事の記録を取り、伝え続けたことが大きいと思う。それが政治や文化など幅広く情報収集しているのが凄い。この巻物を読むだけで当時の最新のエンターテイメントが現代に蘇る。

曜変天目茶碗 (稲葉天目) 静嘉堂

f:id:kokuhou:20210706214632j:plain

国宝の中でも出るだけで目玉展示となるものが何点かある。たとえば金印はあの小ささなのに、拡大した図柄がパンフレットに必ず載る。興福寺の阿修羅像も人気が高まり出展されればメインをはる。そして、今回も展示会のメインを勤めることになったのは曜変天目だ。静嘉堂文庫移転前最後の展示会でもメインビジュアルのひとつとなっていたが、今展示会でもセンターポジションをゲットしていた。

センターをはるだけあって、展示も天目茶碗1点だけで1室を使用。照明は上からの照明を利用したオリジナルのものを利用し、展示ガラスは三菱グループの総力を結集した最新ガラスを使用していた。曜変天目を長年転じ続け、向き合ってきたならではの工夫が随所にしていた。ほかの展示物がないので集中して見とれることができた。

しかし、曜変天目の光の変化を楽しむには光量が多かった。青色の輝きが単調となっていたのは残念だった。茶碗をじっくり楽しむには最適なのだが、曜変部分の表情を表すために多角度で緩い光にしてほしかった。静嘉堂が丸の内近くに移転するので、その時には工夫した常設展示にしてほしい。

 

古文尚書 東洋文庫

f:id:kokuhou:20210706214820j:plain

展示もいよいよ最終コーナー。3階の展示は国宝がぽつぽつとしなかった。それが階を下っての展示は中世の中国文化が中心になり、怒涛の国宝ラッシュを展開した。

一室に古文尚書春秋経伝集解、文選集注、史記の4つが公開。後半のみの公開の毛詩はなかったが、東洋文庫が所有する国宝・重文書物で囲まれる贅沢な部屋となっていた。すべてが漢字で書かれているので、時間をかけて読んでしまう。平安のかな文字よりも親近感がわくお宝である。

 

源氏物語関屋澪標図屏風 俵屋宗達筆 静嘉堂

f:id:kokuhou:20210706214544j:plain

三菱の至宝展で大きな展示物のひとつが屏風絵である。橋本雅邦の龍虎図屛風(六曲一双)と俵屋宗達源氏物語関屋澪標図屏風の澪標図が並んで展示されていた。

龍虎図はともの二体ずつ描かれ、片方に空から睨む龍二体、もう片方に陸から迎え撃つ虎二体が描かれている。虎は龍が起こす風雨に耐えながら睨みつける一匹と後ろにある風雨でしなった竹林に隠れる虎の対比がある。一方で龍も一体は雲に、もう一体は荒波から登場したシーンとなっている。先頭でいきり立つ龍虎一体ずつと、後方に控えるもう一体ずつが対比されており、これからの攻防を予見させる構図となっている。

宗達源氏物語屏風図は傷みが目立つ。胡粉などで盛り上げた部分や、金銀の装飾部分などが剥がれ落ちている。宗達の評価が時代によって変わっていることから、最重要の品として保管されて続けたわけではなく、いろいろな場面で披露されてきたための劣化なのだろう。2015年に修理を終えたばかりで、現状保存が施されているのでこれ以上の劣化がないように願いたい。

作品は源氏物語の一シーンを再現。風神雷神でもそうなのだが、宗達は顔の描き方に個性が残る。西洋画科の中でも人物画がとても苦手な人がいるので宗達も苦手な分野だったのかもしれない。岩﨑彌之助が醍醐寺に寄進した返礼として贈られたもので、三菱の至宝にふさわしい逸品である。

与中峰明本尺牘 趙孟頫筆 静嘉堂

f:id:kokuhou:20210706214340j:plain

三菱1号館美術館の三菱の至宝展の3階展示で一番広い部屋には屏風絵や彫刻など大型のものが展示していた。彫刻は慶派の木造十二神将立像で静嘉堂文庫が所有している名品を陳列。玉眼で筋肉質の立像で、どれも腰の括れ方がとてもよい。12体ある神将は東博と分蔵で、東博で数年前に開催された運慶展で12体を一度に展示していたのは圧巻だったが、今回の3体の展示もじっくり見るにはちょうどいい数であった。

一番広い部屋なのだが、入り口に一番近い壁際には趙孟頫筆の与中峰明本尺牘が展示されていた。大物展示物が多い中なので、下手をするとあっさりと見てしまいそうな位置にあった。趙孟頫は南宋の皇族であったにも関わらず、元の皇帝・クビライに仕えた。以来五朝三十五年を高官として働いたが、それだけ優秀だったことが分かる。国宝となった書は傑僧中峰明本に宛てた書簡六通で、心許せる僧侶に送った内容が生々しく書かれている。趙孟頫が優秀だったことは王羲之の書風なのでも分かり、中華の王道を貫いた人物だったことが窺える。

風雨山水図 伝馬遠 静嘉堂

f:id:kokuhou:20210706214654j:plain

三菱1号館美術館は赤煉瓦の重厚な作りである。室内にはマントルピースが各部屋にあり、それぞれが意匠を凝らして室内演出に貢献している。あくまでも実用的な建物であるため、展示施設として作られた建物ではありえないぐらい豪華な部屋になっている。

この明治の洋館に中国の水墨画はマッチするのか。国宝の馬遠作と伝わる風雨山水図は作品の奥深さに引き込まれるので、じっくりと観ているうちは水墨画内の主人公になった気分で魅了される。ところが、俯瞰で観ると周りの洋風とのアンマッチな感じがあり、客観的な水墨画として見ている自分がいる。オンオフがつけやすい環境であるので、雪舟の絵巻物などをこの雰囲気で観ると今までと違った没入感なしで観ることができるかもしれず、新たな展示環境の可能性を感じた。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。