国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

不空羂索観音菩薩像 興福寺

f:id:kokuhou:20201017193644j:plain

興福寺 南円堂

10月17日、興福寺の南円堂は年に1回この日のみ御開帳される。2020年10月17日は土曜日であったため、結構な人出が想像できた。そして、コロナの影響で入場規制がかかるのと、法要の12時~14時が入場規制されるという、拝観するには悪条件が重なっていたので、早めに参拝することにした。9時半頃に訪れると長蛇の列ができていた。ただ、昨年参拝した時は御朱印を求める列だったと思い出し、確認したが南円堂の方だった。雨が降っていたのと、コロナ対策の密を避ける(それでも密になっていたが)ため列が長くなっていたこともあり、30分ぐらいで南円堂へ入ることができた。

南円堂内には国宝彫刻しかない。とはいうものの11体(四天王像4体、法相六祖像6体、不空羂索観音菩薩像1体の3件指定)もある。新薬師寺の木造薬師如来坐像と塑造十二神将立像(宮毘羅大将像を除く)の12体が国宝と例もあるが、興福寺の国宝彫刻はこれら以外にも多数あることから、国宝彫刻の宝庫であることは間違いない。

それにしても、南円堂に安置されているものは年1回しか拝観できないのはとても残念である。(もしくは年1回でもありがたいと思わないといけないかもしれない)

f:id:kokuhou:20201017193817j:plain

不空羂索観音菩薩像(右)

さて、南円堂の主は不空羂索観音菩薩像である。3メートル越えの大きさ、秘仏であったため彩色や金工が残る豪華さ、手の込んだ緻密な彫刻などどれをとっても一級品。運慶の父で師匠である、康慶の一門による作品だが、全体の印象はどことなくふっくらとした定朝様式が残りつつ、衣など細部については写実を超えた劇画的な運慶スタイルが垣間見ある。四天王像や法相六祖は明らかにリアル路線へと変化しており、北円堂の無著・世親菩薩立像などにつながっていく。

f:id:kokuhou:20201017193752j:plain

北円堂

昨年は西国33か所巡礼1300年記念で、南円堂の公開が延長されていたので、北円堂と同時に見ることができたが、今年は北円堂の御開帳は1週間遅れとなっていた。

南円堂からは三重塔(国宝)も上から見ることができる。

f:id:kokuhou:20201017193715j:plain

三重塔

また、正面からは五重塔と東金堂が見える(写真は別の場所から撮影)ので、南円堂を一周する(実際は柵があってできない)だけで国宝建築が一望できる。国宝彫刻の一大集積堂であるばかりか、国宝建築を見渡せるお堂でもある。

f:id:kokuhou:20201017194159j:plain

東金堂(左)、五重塔(右)

雨の中ではあったが、年に1回の会いに行ける仏像たちを堪能できた。

本殿 御上神社

f:id:kokuhou:20201012192914j:plain

三上山を御神山に祀る御上神社延喜式神名帳に記載されている由緒ある神社である。

野洲駅から1時間に1本バスが出ていて、乗ると数分で神社前到着する。歩いて30分ぐらいなので距離的には2キロメートル弱といったところだ。

神社は周りを森で囲み、周りからは様子が全く見えない構造で、神秘的な雰囲気がビンビン伝わってくる。苗村神社や大笹原神社に比べると、周りにおしゃれなお店があり、民家も充実していることから賑わいが感じられた。

鳥居をくぐり、参拝すると立派な楼門と奥に拝殿、その奥に本殿と摂社が両脇を固める。苗村神社ほどインパクトはないまでも楼門は神社の格式にあった造りで、くぐる時に無意識に「いざ参らん」と気合が入ってしまう。

国宝の本殿は360度全角度から観ることでできるフルオープン。形は檜皮葺で、桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、向拝一間とごちゃ混ぜ。神社・寺院・殿舎の様式が混然一体となった独特な構造から「御上造」と新たなジャンルで定義されることもあるようだ。本殿と楼門はともに鎌倉後期造営。

昭和天皇即位時に大嘗祭に供える献上米の栽培地として指定されたことから、毎年5月には御田植祭が行われている。地元に愛された由緒正しき隠れた名神社である。

本殿 大笹原神社

 

f:id:kokuhou:20201012192753j:plain

滋賀県随一のアウトレットモールである三井アウトレット竜王竜王インターから近いこともあり、車で来場する人が多いようだが、野洲駅からバスも出ている。その道中の停留所・大篠原バス停は最寄りにファミリーマートがあり、その駐車場の角に大笹原神社を示す看板が大きく建てられている。

看板に従うように山の方へ歩くこと10数分、木々が生え揃うY字路にも矢印があり、神社へ導く。Y字路の分岐点から少し歩くと右手に手水場、左手に鳥居が現れる。鳥居からすぐに本殿が見え、国宝とご対面となる。

国宝の本殿は1414年に岩倉城主馬淵定信が現在の社殿を再建した。築600年を超える年季の入った建物である。見事な彫刻があしらわているそうだが、近くで見ることはできない。なぜなら、管理者は常駐しておらず、御朱印と由緒書きは賽銭箱の横に置かれて個々に買う無人販売方式をとっているので、誰に言っていいか分からないので中に入ることはできない。

さて、この地域では良質なもち米が穫れるので、お供えための鏡餅の元祖を祀った「鏡の宮」が境内に建てられている。近江は京への食糧供給基地として儲けた分を寺社などへ寄進した痕跡だろう。

西本殿 苗村神社

f:id:kokuhou:20201012192712j:plain

滋賀県には意外と国宝建築がある。琵琶湖の西南、大津地区には、延暦寺園城寺など、超メジャー級の大本山が居並る。ちょうど京都への入り口、京都から見ると鬼門の位置にあたり、比叡山からは琵琶湖を一望できることから地政学上重要な位置となる。そのため、国宝級の建物を建築するだけの資金、利点、立地が兼ね備わっており、国宝クラスが建築されるのは必然だったのだろう。

それ以外にも、琵琶湖の南部、湖南地域にも国宝建築が充実している。竜王町にある苗村神社の西本殿は国宝指定を受けている。近江八幡駅からバスで十数分行った川守バス停から歩いて数分。大きな道路が東西の本殿を割く形で通っている。西の入り口となる重要文化財の楼門はとても立派で、頭でっかちな茅葺屋根と細い足場が記憶に残るフォルムである。

東西に分かれている苗村神社は東は森に囲まれ、神秘的な雰囲気を醸しているの対して、西はかなりオープンな境内で周りから丸見えである。西本殿が国宝となったのは改修の時に1308年の建立されたことが分かり、鎌倉時代の寺社建築であることが証明されたことが大きいと思う。三間社流造り、桧皮葺で、予約をすれば近くで見ることができるそうだ。延喜式神名帳にも載る格式高い式内社。周りに観光するものがない、まさにぽつんと1神社だ。

本殿 権殿 賀茂別雷神社

f:id:kokuhou:20201012192601j:plain

下鴨神社京阪電車出町柳駅を降りて10分ぐらいで行けるので参拝しやすい。しかし、賀茂別雷神社、通称:上賀茂神社は近くにバス停しかなく、京都の北の外れなので観光客も狙いすまして行くしかない。(しかも、バス停は工事中で今までとは違うところで乗り降りする必要がある)

奈良時代の京都(当時は遷都前なので山背国?)では賀茂氏が相当な力を有していた名残として鴨川沿いに神社が建立されている。自動車が登場するまで大量のものを素早く運ぶには川を利用した運搬が力を発揮し、鴨川の川下では琵琶湖からの流れの合流もあることから、近畿圏の輸送に大変力を持っていたことが想像できる。神社に寄進することで船の安全が確保できるのなら安いものと、賀茂社が発展したのだろう。

国宝の本殿、権殿は非公開文化財特別公開で見ることができる。それほど多くの人が参拝に来ておらず、手持ち無沙汰の係員が暇を持て余していた。コロナ禍で密室に入る必要があるのと、特別公開の値段が上がっていることもあり、積極的に参加する人はほとんど見受けられなかった。静かな賀茂別雷神社への参拝は心穏やかにする。京都の都心にある寺社と違う空気感を味わえる絶好の期間かもしれない。

 

 

本殿 賀茂御祖神社

f:id:kokuhou:20201012192435j:plain

インバウンド観光による外国人旅行者が激減した京都はとても観光しやすい環境となっている。イメージだけだが、観光客数は半分以下になっているように思う。半減なのだから、観光客相手の商売は厳しい運営を強いられているだろう。そこで、国内観光者にとっては快適な空間、ソーシャルディスタンスがとれた観光のできる今、しっかりと地域へ還元すべきである。

賀茂御祖神社、一般には下鴨神社と呼ばれる神社も観光客は見るからに少なかった。しかし、この時期は七五三のために訪れているご家族一行を多く見かけた。昨年までの混雑具合だとお子様を連れて参拝するのも躊躇しそうだが、厳かな雰囲気が戻ってきた境内は神事をするに最適な環境となっている。

国宝は東西の本殿。京都非公開文化財特別公開で見ることができた。普段は公開していないが、ほぼ、毎回特別公開にエントリーしているみたいなので、特別でもなんでもない。春と秋の期間限定公開と言ったほうが正しい。下鴨、上賀茂ともに賀茂氏氏神として祀られおり、屋根が手前だけが伸びている流造の代表的神社となっている。京都では最も古い神社に数えられ、鴨川を鎮める地の利も備えている。

さて、下鴨神社本殿まで向かう道に高層マンションの販売を告げる立て看板が出ていた。ニュースで即完売した億ションのものだが、境内を見下ろす建て物ができるのは神様はどう考えているのか知りたい。バベル塔にならなければよいが、果たして。

観世音寺資材帳 東京藝術大学

九州歴史資料館は大宰府から小郡市へ移転開館して10年となる。それを記念した特別展 『福岡の至宝に見る信仰と美』 (10月6日〜11月29日)では九州にまつわる国宝が陳列される。

同展示会には東大寺文書や智証大師関係文書典籍、無準師範尺牘 で通称:板渡しの墨跡が展示される。そして、珍しいのが観世音寺資材帳。お寺の資材管理のためにつけていた帳簿で、見ていてワクワクするものではない。そのため、豪華で見栄えのする美術品のように頻繁に貸し出し依頼がないことから、なかなかお目にかかることができない国宝である。福岡の歴史をテーマにした展示会だから実現した出品となっている。

九州の国宝関連の展示会といえば九博や福岡市博物館を思い浮かんでしまう。今年は歴史資料館が国宝の殿堂となる。

www.fsg.pref.fukuoka.jp

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。