国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【川崎美】宮女図

神戸市立博物館で開催している「よみあげる川崎美術館」の後半に行ってきた。

川崎美術館は明治から戦前にかけて形成された川崎財閥の創業者・川崎正蔵が手掛けた招待者のみが見ることが出来た施設だ。ただ、昭和恐慌のあおりを受けて美術品は散逸してしまった。まさに幻の美術館。令和の時代に生きていたからこそ、揃った形で誰でも見ることが出来る品々となっている。

昭和恐慌で業績が厳しくなったということだから、川崎財閥グループは戦後に強くまとまることがなかったため、あまり知られていない。それでも名残はあり、川崎重工業はその筆頭。日本鋼管と統合してJFEとなった川崎製鉄も川崎の冠を使っていた。さらに神戸新聞社も系譜に入る。

川崎の夢が詰まった美術品は、主に東洋美術を中心に蒐集されていた。川崎財閥と美術といえば松方幸次郎の西洋美術が思い浮かぶが、競合するのを避けたのかもしれない。

展示構成は財閥の歴史から始まり、美術所蔵品をまとめた書籍、掛け軸、広間全体を使って当時の配置を再現した襖絵、陶磁器と続く。終わりに差し掛かった時に屏風絵のオンパレード。金箔に描かれたものが多いため、黄金の間のような輝きを放った空間となっていた。

そして、最後に国宝の宮女図がぽつんと展示していた。京博では龍光院曜変天目との同じ部屋で展示していた。曜変天目越しに宮女図を観る至福のひと時を堪能した。茶の湯展の前半展示を全うすことなく桃鳩図に席を譲って、神戸へ移動してきた。

宮女図は茶の湯で観た環境では、多くの書跡などに囲まれていて、茶会でも開かれそうな雰囲気があったため、かいがいしく世話を焼いているように見えた。それが単独だと物悲しく観えてしまう。宮女のみを描いていて、周りに風景などがないためなのだが、川崎美術館という仕えるべき展示館がなくなったという思いとオーバーラップした。松方コレクションにも言えるが一旦集結した美術品たちは時代に翻弄され、散り散りになっている。川崎財閥の美術品たちの流浪は叙事詩的で、宮女図はその語り部なのかもしれない。

後二条殿記 陽明文庫

新選組展で賑わう京都文化博物館では常設展で陽明文庫の名宝12を開催していた。新選組は見ずに陽明文庫だけを見に行ったが、ガラガラだったのが残念だった。

陽明文庫は五摂家の筆頭にあたる近衛家に伝来した史料を保存するために創られた。近衛家の遠祖にあたる藤原道長の御堂関白日記が有名だ。

京都文化博物館ではたびたび陽明文庫の名宝を企画して、定期的に開催している。御堂関白日記はたびたび特別展へ出品されているので見る機会はあったが、今回は後二条殿記も出品されていた。内容は藤原師通による日記である。師通が書き記したのは内大臣に叙されてから、関白在任中の38歳で病没する数日前までとなっている。30巻が残っているが、自筆で残っているのは1巻のみで、あとは写本である。応徳元年巻を展示していた。この国宝の日記類の特徴として、歴史的資料価値の高さは抜群なのだが、工芸的美術価値はあまり高くなく、書かれている文章の訂正など生々しさが分かるものとなっている。

 

 

【仏法東帰】金光明最勝王経 奈良国立博物館

大徳寺から北大路バスタターミナルまでの便は頻繁に出ている。北大路駅すぐには大谷大学があり、博物館では仏法東帰というテーマで展示会を行っていた。

大学の博物館は独立した建物として大々的に構えるものも増えているが、大谷大学は構内の施設内に置いている。守衛で受付を済ませて、一番近い建物へ向かう。建物の入り口付近には図書館があり、そのすぐ奥に博物館があった。受付で500円払って中に入る。部屋は元は一部屋だったものをコの字型で使用。導線が分かりやすく、展示も容易な形となっていた。展示点数はそれほど多くなく、じっくり見ても20分程度で見ることが出来た。

仏法東帰ということで、日本に伝わってから一番最初のムーブメントの記念事業である大仏開眼が第1テーマで東大寺関連の資料があった。その流れに乗って第2のテーマである仏教公伝では国分寺に安置されていた国宝の金光明最勝王経を展示。広く伝えるために使用されていた実物が1300年近く経っても完品として残っている。茶色い紙に金字で丁寧に書かれた経典は国家安寧のための国家事業だから為せた芸術品。識字率が高くない時代でも、美しさは分かる仕上がりとなっている。

そして、日本書紀には、仏教国の誕生前夜の政権を書き記している。第三部となる聖徳太子信仰と聖武天皇につながる資料で、聖徳太子蘇我馬子三宝(仏法)の興隆を命じる詔を載せており、聖徳太子が日本での仏教を広める役割を果たしたことが分かる。

2022年は、仏教公伝1470年、聖徳太子没後1400年、大仏開眼1270年という年だから企画された展示会。東本願寺が寺院子弟教育のために設置した学寮から始まる大学だけあって、逸品ぞろいの展示会だった。

方丈 大徳寺

大徳寺が長期の改修修理に入ったのが2年前。解体が概ね終了したことから、一般公開が無料で行われた。

普段は中にすら入ることが難しい大徳寺方丈。特別公開の時と曝涼展(10月第二日曜日)ぐらいでしか入ることはできない。しかも、お庭に出ることはできないため、方丈を正面から見ることは不可能である。

今回の解体修理は外せるものは外して傷み具合をチェックして、修繕しながら元に近い形に戻す。国宝なので新調を出来るだけ避けて修繕していく。風雨にさらされないように庭などに足場を組む。最初はこの足場に登って屋根を見た。屋根を支える部材や梁を残した状態だった。長い直線的な木が貴重で入手困難。そのため、写真の右下にあるように梁は接いで仕上げていることが分かるように展示されていた。

下に降りると部屋が一望できた。襖と畳は全部取り払われ、仏壇を囲む壁のみが残っていた。何度か訪れた時にも広い部屋とは思っていたが、端から庫裏まで見通すとここが大本山であることが納得できた。

屋根裏から大工道具が見つかったということがニュースになっていたがそれも展示していた。大徳寺の修繕をした宮大工はなにか祈念したくて残したのだと思う。それぐらい、厳かな空間であった。

【茶の湯】桃鳩図 伝徽宗筆

今年の秋は例年に比べて早く訪れている。残暑があっさりと終わり、観光には快適な良い天気が続いている。京都にも観光客が戻りつつあり、本格的な紅葉シーズンにはコロナ前の賑わいに戻りそうだ。

さて、文化の日を挟んだ週は、博物館や美術館でいろいろなイベントが行われることが多い。京博では特別展が開催中だが、貴重な国宝が11/3~6と文化の日を記念のようなスケージュールで公開されていた。

貴重な国宝とは伝徽宗筆の桃鳩図。所有者の意向で、10年スパンで期間も短期間しか公開されない代物となっている。秘仏のように決まった周期で公開されるのなら予定も立てやすいが、いつ公開されるか分からないものは注意深く情報がでるのを待つしかない。

桃鳩図は八分咲きの桃の木の枝に鳩がとまっているだけの絵。そのシンプルさゆえに、誤魔化し様がない。フルカラーの絵画で、桃の花や鳩の羽のグラデーションは見ていてうっとりする。伊藤若冲動植綵絵の美しさに引けを取らない出来栄えである。

美しさだけでなく桃鳩図は捺印によって東山御物として、足利幕府が手に入れたことが分かる。徽宗筆かどうかはさておき、将軍家のお品であったことは証明される。なかなか見ることができない貴重な国宝だが、10年に1度でも見る価値のある国宝である。

木簡 平城京跡

大津市歴史博物館で壬申の乱展を見た。壬申の乱の後に遷都した都が平城京で、その痕跡を再確認したくて、平城京跡資料館に行った。

ここはその名の通り、平城京跡に建つ資料館。跡地からは木簡や当時使用していた食器などが大量に見つかった。幸か不幸か、平城京から都を移した後、奈良市内では大規模な開発がされることなく近代まで経った。そして、遺跡に対して文化財保護の意識が高まった、近代になって開発が進んだことから、多くのものが発見され保管する運びとなった。

木簡は正倉院にあるものは伝承する目的で保管しているが、発掘されたものは廃棄したものがたまたま残った。なので、公式記録にはない当時のありのままが分かる一級資料となった。役所の文章類から、手習いのために書いたもの、荷札として用いたもの、品物管理、落書きまで様々な目的で使用しており、中には削って再利用しているものも少なくない。国宝には3000点近くが指定を受けている。

奈良文化財研究所70周年記念かつ平城宮跡史跡指定100周年を記念して「地下の正倉院展 -平城木簡年代記〔クロニクル〕-」と題した特別展では発見された木簡を展示していた。前期は平城宮跡最初の木簡を初め、甲斐国からのクルミの荷札、兵衛の木簡を展示していた。平城京に全国から品物が届き、軍事的にも目を光らせることが分かる。

高貴な身分の教養として識字率が高くなってきた時期で、紙が相当貴重な時代だからこと木簡が日常的に使用され、それが奈良の地では腐敗せずに残った。書いた人々はまさか後世で国宝となるとは想像せず廃棄していたことだろう。

【中国古典名品展】欧陽文忠公集宋版 天理図書館

欧陽文忠公集は欧陽脩の一連の作品を南宋の周必大がまとめたもの。欧陽脩は唐宋八大家の一人に数えられ、同じく唐宋八大家の一人である蘇軾を見出した。

天理大学付属図書館が所有する欧陽文忠公集は歴史的な発見につながった。欧陽文忠公集の初期刷りは天理のものに加えて、中国国家図書館と宮内庁が所有しているものがあり、それぞれを原刻本と称していた。比較するうちに、天理のものだけにある書簡96篇が見つかった。そもそも天理所有のものは鎌倉幕府が1259年に金沢文庫を設立するため、南宋に人を派遣して、大量の書籍を購入したもの。それが、中国本国や宮内庁のものにない書簡があるのは不思議である。調査すると、時系列的に中国や宮内庁のものは南宋皇帝への献上したものに近く、南宋の皇室に献上されたのちに追記されたのが天理バージョンであることが分かった。そして、献上されたものと齟齬がないように、追記バーションはきっちりと伝わって来ず、本国では部分的に残るのみとなった。云わば欧陽文忠公集の増補改訂版が天理のもので、献上版が中国や宮内庁のものであった。

さて、そんな欧陽文忠公集は版本には珍しく挿絵が添えられていたり、日本刀に関する詩が掲載されたりしている。木版印刷にも関わらず、綺麗に印刷されており、当時の技術水準の高さも分かる書跡となっている。

東博の国宝が2022年10月18日〜12月11日に開催。 150周年記念展のため、所有する国宝89件すべてを公開する。