国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

東塔 薬師寺

薬師寺と言えば修学旅行生のイメージが強い。コロナ前は広い伽藍内に整列して歩く学生の姿をよく見かけた。コロナでどうなるかと思っていたが、悪ふざけをする学生姿が戻ってきていた。

戻ってきたのは学生だけではない。東塔の落慶式を終え、特別公開を見にきた観光客がいた。とはいえ、東塔の内部を見るのにそれほど時間を要しない。密教が広まる前の建物内は派手さがない。なので、境内の散策してなにかを探しているような人が多かった。1300年前と同じ空間に入れたという喜びだけで満足すべきだろう。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。