国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

庫裏 妙法院

昨年は大徳寺の大改修現場を見に行ったが、今年は妙法院の大改修を見に行った。

春にも公開があったようだが、知らなかったので秋は絶対行こうと朝一番に並ぶ。10時開始予定だったが、早めに入れてもらうことができた。あくまでも工事現場なのでヘルメットを被って骨組みだけになった庫裏へと入る。

妙法院は普段は非公開で、大徳寺のように定期的な公開があまりない。1度だけ入ったことがあるが、かなりの年月が経っているため記憶の彼方へと消え去っている。改修現場に入っても思い出せず、木々の骨組みを見に行ったに等しいかった。とはいえ、普段は絶対に見ることが出来ない柱を足元で支える置き石や、瓦を取り外した屋根など、古い建物をじっくりと見ることが出来た。この記憶が新しい内に、大改修が終わった暁には公開してほしい。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。