国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

開山堂 永保寺

f:id:kokuhou:20210906201743j:plain

山中の木々を開いて池を作って庭園に仕上げた永保寺の観音堂に対して、開山堂は同じ場所にあるとは思えない静かに建っていた。

池泉式庭園を池に沿って半周した先に1本の道がある。開けた伽藍内にあって、木々が鬱蒼と茂っている奥に建物が見える。観音堂が太陽だとすれば、開山堂は月のように庭園を日陰で見守っている。

観音堂と同じく入母屋造りで、夢窓国師と開山した仏徳禅師の頂相が安置されている。夢窓国師禅宗の僧侶として数々の名庭園を造った人物で、天竜寺や西芳寺など京都でも屈指の人気を誇る庭園を演出している。夢窓国師が直接同地に来た記録はないが、すばらしい庭園に仕上がったのは何らかの形でプロデュースしたからかもしれない。(もしかしたら名義貸し?だったかも)

 

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。