国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

良弁僧正坐像

f:id:kokuhou:20201216191220j:plain

東大寺法華堂で執金剛神立像を観たならば、道を挟んで向いにある四月堂の隣にある開山堂も参拝しておきたい。

開山堂は法華堂(三月堂)と違い普段は開いておらず、12月16日にしか一般に開かれない。開山堂には東大寺初代別当の良弁僧正像が祀られている。東大寺の前身寺院である金鐘寺が聖武天皇の息子の早逝を追悼するために建てられた。その寺院を衣替えしたのが良弁で初代別当と開山主の栄誉を授かった。

開山堂の良弁僧正坐像は高倉健そっくりのイケメン国宝坐像。イケメンランキングならば東寺の帝釈天クラスだ。祖師たちの坐像はみんな年寄りばかりなので、若々しさもイケメンに拍車をかけている。

法華堂に比べて、列はあったものの開山堂はスムーズに参拝できた。時間帯によっては塀の外まで列が出来ていたようだが、それでも観光客が多かった時期に比べると人はそれほど多くない。堂内は係員の指示で密を避けるため入場規制が取られていた。そのため、良弁僧正をゆっくり拝むことができ、密でないため二人だけの空間が作れた気がした。七夕の織姫と彦星のように、来年の再開を誓い開山堂を後にした。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。