国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃 金剛峯寺

f:id:kokuhou:20210417190427j:plain

霊宝館新館の彫刻が運慶・快慶の名作ぞろいで、高野山の三大秘宝の聾瞽指帰まで登場しているにも関わらず、まだまだ名品が陳列されている。

澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃は千鳥の部分が螺鈿で細工されている蒔絵の櫃。国宝の螺鈿蒔絵の容器類に比べると派手さはないが、ポイントポイントで煌びやかに輝く小さな千鳥がとても愛らしい。平安時代に経典を収めるために作られただけあって豪華な仕上がりとなっている。ただ、室町期以降の武士が好む派手派手なものと見比べると奥ゆかしさを感じてしまいそうで、霊宝館の静まり返った雰囲気で仏教関連たちに囲まれた場所で見るものだろう。

 

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。