国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

聾瞽指帰 空海

f:id:kokuhou:20210418112448j:plain

誰でもない24歳の青年が志を書いたものが、後に国宝へと変貌する。

空海となる前、佐伯眞魚が書いた書は仏教が一番だとするために、儒教道教をディスって出家した決意書である。その後に苦難の末遣唐使として大陸へ行き、国内に戻っても京になかなか入ることができなかったが、この時の思いがあったため粘り強くあきらめることなく、大宗教家へと上り詰めることが出来たのだろう。

平安の三筆とまで言われた空海なのだが、縦長の独特の書き方なので経典などの綺麗な字に比べると読みにくい。ただ、唐で流行していたフォントなので、その頃から大陸を意識していたことが分かる。上下巻あるがⅠ期とⅡ期が上、Ⅲ期とⅣ期が下の本物を展示、出ていない方は複製を展示している。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。