国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【平等院】木造天蓋

定朝作の阿弥陀如来坐像をじっくり観ていると、案外見逃してしまうのが天井との間にある木造の天蓋。如来に合わせて造られているので一体として観がちで、考えようによっては建物一部に観えるのが、列記とした国宝物である。

平等院阿弥陀様以上の大きさの仏様で天蓋がついていたパターンは観たことがない。大体が天井が見えている。天蓋の細かい彫刻があり単独で観ると雰囲気が分かるのだが、建物と如来の間にあるものとしか思えないのが残念である。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。