国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

本堂 十輪院

f:id:kokuhou:20211005192943j:plain

東大寺興福寺からは少し離れた場所のある奈良町。古民家が残っていたり、寺院があったり、古風な街並みにおしゃれなカフェが点在している人気スポットである。この付近には国宝を3つ抱えている元興寺があり、広い境内を有している。その別院だった十輪院は本堂が国宝である。国宝があるお寺にも関わらずこじんまりとしていて、ちかくの今西家書院の方が広い敷地となっている。国宝の建築物を有する寺社では最小の敷地面積のひとつであることは間違いない。

国宝の本堂は高さのないこじんまりとした建物である。中に入ってお参りできる建物なのに住宅と言われえても疑わない大きさである。建物の背面にある覆堂内に安置された石仏龕を拝むための礼堂の役割なので、大きな仏像などを安置しておらず高さが必要でない。東大寺の大仏殿とは対照的な建物である。

なお、東京国立博物館内には十輪院にあった宝蔵(校倉)が移設されている。法隆寺宝物館の脇にあり、東京で古都・奈良の雰囲気を感じられる貴重な場所となっている。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。