国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

薬師如来及び両脇侍像 霊宝館

f:id:kokuhou:20210330202429j:plain

醍醐寺は僧侶の修行の場で山伏とも縁が深い。境内を抜けた先にある女人堂で入山の受付を済ませて山を登ると千年前の僧侶たちと同じ山岳修行の場まで登ることが出来る。上った先は上醍醐と呼ばれ、国宝や重要文化財クラスの建築物がある。その中心には薬師堂がある。しかし、ご本尊の薬師如来及び両脇侍像は文化財保護のため、麓の醍醐寺の霊宝館で保管されている。

春と秋の特別公開では必ず登場する薬師如来。公開されないときは隠せるようになっている。そのため、別室のような作りに陳列されていて、パーテーションが出入りするガイドがちょうど内陣と外陣を思わせる。展示室とは思えない、まるでお堂内に安置されている雰囲気を作り上げている。山の上まで登らずに拝めるのはありがたい。

 

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。