国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

粟原寺三重塔伏鉢 談山神社

f:id:kokuhou:20210116185922j:plain

奈良博の常設展示の仏画以外はローテーションサイクルが短いので、以前見たものでも数年で再開できる。談山神社の粟原寺三重塔伏鉢も隔年で見ているような気がする。

塔の一番上にある飾り、相輪の支えになる鉢状のものが国宝の三重塔伏鉢である。現代ならば避雷針でも置くのだが、昔は願いや来歴を描いたものを塔の天辺においていた。天に近い場所なので願いを叶えるおまじないのようなものなのだろう。公文書ではないが、きっちりと残すことが後世の研究者のためには重要で、現存していない三重塔の歴史が分かる貴重な資料である。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。