国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【平等院】金銅鳳凰

f:id:kokuhou:20180310194718j:plain

写真は模造品。

鳳凰堂の由来にもなった鳳凰は宝物館で展示されている。外に出ているのは梵鐘と同様に模造品。雌雄一対で鳳凰であるが、展示場のように間近で観てもよく分からなかった。屋根の上にあると大きさが分からないが、神社などの狛犬より少し大きいぐらいだった。

そもそもこの鳳凰に関して、日本で暮らすほとんどの人は無意識に観たことがある。それは1万円札に描かれている鳳凰がそれにあたるためだ。十円玉の建物が宇治のものであることはよく知られているが、案外鳳凰の方は知られていないようだ。持っている人は出して確認していたのが、印象的だった。ぜひ、現地に行くときは持っていきましょう。(観光ならそれぐらいは持ってるだろう)

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。