国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

日本書紀 巻第二十二  京都国立博物館

f:id:kokuhou:20210607213509j:plain

奈良博で行われている「聖徳太子法隆寺」展は今週末を以って閉幕し、東京へと会場を移す。

前期に行ったときは空いていてとても見やすい環境だったが、後期に訪れると行列ができていた。会場内にも多くの来場者が来ていた。正倉院展ほどではないまでも、久々の人の頭を見る展示会となった。

前期に見に来ているため、お目当ては後期のみの差し替え分だけだった。その中でも気になった国宝は日本書紀だ。京博所蔵のもので、聖徳太子にまつわる部分の展示だったので、その頃から存在していたことになる。昭和の時代まで、実在する人物として伝えられてきたが、国の公式文書に近いもので表記があれば致し方ない。

これから奈良の地を離れて江戸へと向かう御一行。一足先に聖林寺の十一面観音菩薩立像は江戸へと行ったようで、偶然にもかの地で同時に近い展覧会が開かれるとはこれまで受け継いできた人々は想像しなかっただろう。この夏は東博が大和一色になる。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。