国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

八角堂 栄山寺

f:id:kokuhou:20200105103944j:plain

平安時代に国内を牛耳った藤原家。その南家の菩提寺が栄山寺だ。藤原南家自体は奈良時代恵美押勝の乱により失脚してしまった。藤原家全盛の時代だったことから栄山寺自体は鎌倉時代まで栄えた。しかし、藤原家の没落とともに寺勢はなくなり、一時は無住の寺までに荒廃し、ほそぼそと残っている。

さて、各時代の首都に近くない位置にあったのが幸いして、奈良時代に建立された八角堂は残った。古い建物が多く残る奈良の中にあっては珍しくもないが、平城京と飛鳥・斑鳩地区以外にある建物としては相当古い。

八角堂の由来になっている外観は八角形だが、建物内の内陣は四角形で天井画が施されているなど、奈良時代の技術の結晶的な建物となっている。周りは山に囲まれ、川沿いにある静かな寺。親戚同士が争う鬱蒼とした平城京から逃れ、遠く離れた場所で先祖を弔うにはちょうど良い場所かもしれない。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。