国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

井戸茶碗 銘喜左衛門

孤篷庵自体、基本は非公開で数年に1度特別公開されるだけの拝観が難しい庵だ。江戸時代の名造園家である小堀遠州が建てたもので、視線の変化で部屋の雰囲気が変わる工夫などがあり、普通に見ていては気づくことができない小さいながらトリッキーな庵である。その秘宝となるとよっぽどのことがないと見ることが出ない、ということはなく度々展示会へ出品されている。井戸茶碗 銘喜左衛門は日本人が好きなオーソドックスなフォルムの朝鮮茶碗だが、所有者が腫物で病んだことで記憶に残る品となった。

レア ★★☆

観たい ★☆☆

コラボ ★☆☆

期間 ⅢⅣ

文化遺産データベース

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。