国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【西国三十三所】六道絵 聖衆来迎寺

聖衆来迎寺西国三十三所の巡礼地ではないが、観音信仰の対局を表す最高峰の図であることから出品されている。

極楽浄土へと導かれるために観音様に祈願するのだが、信仰しないものは地獄へ落ちることになる。ただ、信仰しないだけで地獄へ行くわけではなく、それぞれの悪い行いによって落ちる階層が変わってくる。その段階を15幅の絵に仕上げたのが六道絵である。

地獄の苦しさ、厳しさを直接的な表現で描くことで、見ているだけで阿鼻叫喚が体験できるテーマパーク的な仕掛けとなっている。前期は人道無常相・人道苦相、後期が閻魔王庁・譬喩経所説念仏功徳の2幅ずつ、計4幅が登場。特に閻魔王庁は馴染みのあるテーマのため、六道絵と言えばこれというぐらい出品されることが多い。

さて、六道絵は負の場面ばかりであるが、天国についても描かれていたと説がある。しかし、織田信長比叡山焼き討ちにより焼失した可能であり、現在はその痕跡すら残っていない。もしかしたら、第六天魔王の雄姿のみを後世に残す意図があったため、六道絵だけ現世に残ったのかもしれない。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。