国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

厳島神社

広島県の宮島といえば大鳥居が海に浮かんでいる風景が一番最初に思い浮かんでくる。ところが、令和の大改修に入ったため、大鳥居は全体を覆って工事されている。最近、覆っている布をシースルーにしたとニュースになったが、薄っすらと全景が分かるぐらいで、配慮したことを知らなければ見過ごしかねない。

国宝は大鳥居の奥にある社殿。朱入りに塗られた立派な社殿は、満潮時には海に浮かんでいるように見える構造となっている。そのため、台風と大潮が重なった時などは、水が侵食して社殿にも影響が出る。ただ、建築構造上、大潮などでの被害を最小限にする工夫はいたるところにされているため、倒壊などの被害はない。

全国的にも観光業は3月下旬以降、需要がなくなった。宮島も普段は多くの観光客でにぎわい、ケーブルカーが時間指定になるぐらい大盛況だったのが、一気にいなくなってしまった。広島観光は原爆ドームもあり、欧米系の観光客が多かったことを思うと、当分の間は訪日外国人の需要は望めない。今まで人出が多くて敬遠していた地域もゆっくり見ることができるのでありがたい。

f:id:kokuhou:20200630192013j:plain

 

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。