国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

巧山寺

f:id:kokuhou:20180815204536j:plain

今年は明治維新150年。薩摩を訪れたのならば、長州にもいかねばなるまい。そして、長州の国宝のひとつである功山寺の本堂を見逃すわけにもいかない。

功山寺は七卿が落ち延びた場所であり、高杉晋作ゆかりの地である。明治維新の夜明け前を演出した最高の場所である。長府駅からは少しはなれば小高い場所にあり、隠れるのに持って来いの場所である。寺院近くのバス停は神鋼の大きな工場が海辺にあり、その社員のために商店街らしきものがある。ただ、どこもそうだが近くに大型ショッピングモールができたことから、寂れてしまっている。

寺は寂れた商店街を超えた山辺にあり、そこまでの道中は古い街並みを残しており、観光ポスターにも使われる名所となっている。古い街並みを過ぎて曲がったところに寺院の入口がある。地域の寺院と会ってこじんまりとした三門があり、階段を駆け上がると正面に国宝の本堂が現れる。禅宗様式を代表する建物で、美しい屋根の反り返り部分などは京都の大寺院にも引けを取らない。

ところが全然迫力がない。それは、左手に本堂よりも大きいコンクリート製の元博物館があり、雰囲気を台無しにしているからだ。長府が海に近く土地が狭いためここに建てたのだろう。だからといって、和の敷地内に洋風建築を建てる行政のセンスがない。そればかりか、古い町並みは道が狭く、車が通りにくい場所のため、集客を目的とする博物館は不向きな場所である。そのことに気がつき、十数年前に交通の便が良い場所に新しい博物館を建築してお役御免となった。

あとは解体するだけのはずが、新たな問題が持ち上がった。この元博物館は戦前の博物館として現存している貴重な建物のため、有形文化財に指定されているのだ。本堂のことだけを考えるとないほうがよい。なので、ぜひ元博物館の方はしかるべき場所へ移築してみんなに見てもらってほしい。

石手寺 二王門

f:id:kokuhou:20180813211640j:plain

国宝で一番荒っぽく扱われている建物はどれか。

それは間違いなく石手寺の二王門である。門の見えにくいところにいろいろ小物をしまい込んでいたり、パンフレット類が無造作に置かれていたり、一見すると本当に国宝なのかと疑ってしまう扱いだ。

そうなるのも無理はない。四国八十八か所巡礼地の一つであると同時に、松山最大、つまり四国最大の観光名所の道後温泉に近い。おまけにミシュランガイドの観光地の一つ星を獲得したとあって、国宝に頼ることなく集客できる。次から次へと参拝者が来る。まさに行列ができる寺に他ならない。

本堂や護摩堂なども重要文化財で、ゆっくりと観賞するとそれなりに楽しめる。ところが、多くの参拝者は巡礼のため次へと足早に寺を去る。これでは国宝をじっくり見せる必要がない。文化財よりお参りに来た証拠だけが重要なのだろう。その思いが国宝の扱いに反映されている。国宝や重文だから丁寧に扱えとは言わないが、もう少し主張させてもよいのではないか。

青井阿蘇神社

f:id:kokuhou:20180813204850j:plain

国宝建築の中で指定されて一番喜ばれたものはどれか。

ほとんどのものがなるべくして指定された国宝建築物が多い中、いたるところに「祝 国宝」の文字が躍る青井阿蘇神社は一番喜ばれた建築物に間違いない。指定から10年経った今年も「祝 10周年」とお祝いムード一色であった。10年でもこんなに国宝指定を祝うのだから、指定された当時はすごかったに違いない。なにせ、熊本県内の文化財で初めての国宝指定だった。あの熊本城ですら国宝ではない。にも関わらず、人吉にある神社が指定されたのだから、市民は大歓迎だったに違いない。

ただ、建築物自体は地味。茅葺の社殿では初めての国宝指定ということで、極彩色の装飾がされている訳でもなし。朱で塗られた派手な柱があるわけでもない。歴史的な高層建築部や、よそでは見かけない奇天烈な形をしているわけでもない。あくまでも至って普通の茅葺の神社である。

人吉といえば温泉や城跡、SLなど観光名所が多く点在しており、その一画に花を添える国宝神社。境内の至る所にある国宝の文字は他を圧倒するキラーワードとしてこれから輝き続ける。

【徳川美術館】名刀紀行 短刀 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)

f:id:kokuhou:20180811213251j:plain

この秋に京博が開催する京のかたな展。京で作られた刀たちを全国各地から集めまくった展示会で、博物館が企画する刀の展示としては質と数ともに最大級のものとなっている。そして、武家の棟梁が本気を出せばという展示が名古屋の徳川美術館で開催されている名刀紀行である。

武士の魂とも言える刀は戦国の世が終わった後、実用よりも贈答の部類として重宝されてきた。代替わりの時に献上あるいは下賜するために、刀自体にランクづけされた。名物はその上位のランクで、所有することが名家の証ともなった。

さて、尾張の徳川家が本気で伝来の刀を展示したら、どうなるか?

答え:所有物は国宝や重文となったものがごろごろあり、刀の展示とはこうすべきだと最高の手本を見せてくれた。京博では山城系のみを集めた展示となっていて、それはコンセプトとしてはあり。ただ、刀と言えば五箇伝と呼ばれる五つの産地があり、それぞれに特徴のある作り方をしている。それを地域ごとに分類して、なおかつ名品ばかりを展示できる徳川美術館の圧倒的な品ぞろえが素晴らしい。

なかでも目を見張ったのは名物の庖丁正宗。観て圧倒されたのは、その薄さ。刀は打撃の要素も含まれるため、ある程度の厚さが必要である。だが、短刀は刺すことを前提にしていることから薄くでも大丈夫。その薄さに加えて刀身に刀形の透かし彫り、鍬形を陰彫されており、出来上がった段階で二つとない美術品の域に達したすばらしい逸品である。正面からはもちろん裏面や横からでもじっくり観賞できる見せ方もよかった。

徳川美術館所有の国宝刀全品を惜しげもなく展示しており、他の武家系展示館も見習ってほしい太っ腹な見せ方であった。

太刀 銘国宗 照國神社

f:id:kokuhou:20180811205631j:plain

国宝は日本国内にあって初めて指定される。どれだけすばらしいものでも海外に流出しているものは対象外である。そのため、海外から輸入されたもの(茶器や絵画など)が国宝に指定される例は多いが、海外に渡ったものが指定されるのは珍しい。

照國神社が所有する太刀・銘国宗は歴史を含めて国宝なるべくしてなったものだ。そもそも、古くから薩摩を治めている島津家が所有し、昭和2年照國神社へ奉納したもので、旧法律下で国宝指定を受けていた。順風満帆であった国宗の運命の歯車が狂いだしたのは戦争によってである。

第二次大戦に敗れた日本は米軍に武器を没収された。特に刀類は日本軍の象徴として名に彼構わず接収された。一兵卒の軍刀だろうが、家宝の刀だろうが、国宝であろうと武器として取り上げられた。その中に国宗も含まれていたのだった。アメリカ軍は刀の価値など全く興味がなく、戦利品の手土産としてアメリカ本土まで持ち帰った。そのため、名刀の部類にも関わらず行方不明のものが多く、国宗もそのひとつになりかけた。しかし、運命はそうさせなかった。オークションにかけられたところをアメリカ人の愛刀家コンブトン氏に入手。その価値を知る彼は昭和38年、日本に返却してくれたのだ。国宗は無事、日本に帰還することができ、晴れて国宝してを受けた。

さて、返還されてからは東京国立博物館が所有していたが、やはり本来あるべき場所は鹿児島。同県の文化財で唯一の国宝として、鶴丸城跡にある黎明館で時折展示されている。

そんな国宗だが、刀としてどうかと言われると、武骨な刀で工芸美術品というより実践向きに見える。保存状態はそれほどよいとは言えず、大切に保管されていた重文クラスのほうが輝きがある。何と言っても刀の運命で見せるタイプの刀なのだろう。

厳島神社

f:id:kokuhou:20180729083126j:plain様々な国宝建築や世界遺産があるなかで、厳島神社はオリジナリティーにあふれている。

まず、建物が海に突き出ている部分。高潮などで幾度も被害にあっているが、その構造を変えることがないこだわり物件。海に突き出ているにも関わらず、その裏手はすぐに山があり、海山ともに守り神となっている。

建物は朱色に統一されていて春日大社を彷彿する彩り。この朱が世界的にもめずらしい海の中の木製大鳥居にも使われており、厳島神社と海の関係性を物語る。神社の本殿を囲むように回廊が張り巡らされ、その海側には舞を踊る舞台が造られていることから、海の神と背景の山に奉納を目的として建てられたのだろう。

厳島神社にはこの他にも国宝を多数所有しているが、宝物殿にはレプリカの展示のみで、本物を常時観賞できるようにしてほしい。

向上寺 三重塔

f:id:kokuhou:20180608215556j:plain

しまなみ海道にはもう一つ国宝がある。向上寺の三重塔である。と言っても立地と派手さ、知名度では下界にある耕三寺と平山郁夫美術館にはかなり劣っている。耕三寺は有名寺院のおいしい所と派手なものを集めたごった煮的寺院で、今ならインスタ映え寺と言ったところだ。平山郁夫は出身地に錦の御旗を建てた文字通りの美術館で、佐川美術館には劣るものの時系列的に作品が陳列されていて、平山の生涯を追うには分かりやすい造りであった。

だが、ここは国宝を観る。向上寺の三重塔のことを書かなければならない。見晴らしの良い山腹に建てられ、瀬戸内海の航行を見渡す絶好の位置となっている。信仰の建物というより、それをカモフラージュにした見晴らし台だったのかもしれない。瀬戸内で残る最も古い塔の一つで、島に三重塔があることも珍しい。ただ、塔は奈良や京都にあった場合は国宝になったかどうは微妙だ。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。