国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

仁和寺展 御室相承記

今秋の仁和寺寺宝特別公開にも出品されていた品。仁和寺門跡寺院である証明書のようなもので、歴代の門跡たちの経歴や業績を確認できる書物。

レア ★☆☆

観たい ★☆☆

仁和寺展 新修本草

医学書があれば薬学書もある。新修本草鎌倉時代前期の写本で、武田科学振興財団も保有している。動植物を原材料にした薬物を記している。

レア ★☆☆

観たい ★☆☆

漢方史料館(95)『新修本草』仁和寺本

仁和寺展 医心方

日本に現存する最古の医学書の写本。いつの時代も健康は大事。公家も武士もそれは同じ。そこで健康を保つ医学書は最重要書類になる。仏教関連書だけでなく、医療などの貴重な資料が保管されているのは門跡寺院ならでは。

レア ★☆☆

観たい ★☆☆

仁和寺展 誓願寺盂蘭盆縁起 附建立縁起 栄西筆

臨済宗の開祖で建仁寺を開いた栄西直筆の書。誓願寺には建立するときから2度目の宋へ渡航するまで滞在しており法会を行った。その時書かれたものだ。

栄西吉備津神社権禰宜の息子として生まれた超エリート。天台宗で学び、その形骸化に嫌気がさして渡宋して禅と出会う。2度目の渡宋から帰ってきた時に喫茶文化を再興したり、重源が亡くなったあとに東大寺勧進職に就くなど、御室派との縁が全くない。誓願寺がその宗派に属しているため、出品となるが仏教界にとっては重要な資料である。

レア ★☆☆

観たい ★☆☆

誓願寺盂蘭盆縁起〈栄西筆/治承二年七月十五日〉 | 国宝サーチ

 

 

仁和寺展 両界曼荼羅 子島寺

子島寺が持ち、奈良博に寄託している曼荼羅図。前期が胎蔵界、後期が金剛界を展示する。日本三大両界曼荼羅図(ほかは神護寺、東寺)のひとつだそうで、そのすべてが国宝指定。紺綾地で金銀の泥で描かれているので、暗い場所でローソクなどの弱い光で照らすと浮き出て見える。すでに東寺のものは国宝展で見ている。違いを楽しみたい。

 

レア ★☆☆

観たい★☆☆

 

子島寺 紺綾地金銀泥絵両界曼荼羅図(子島曼荼羅)

仁和寺展 阿弥陀如来坐像および両脇侍立像

仁和寺展で金堂の内陣を再現したコーナーができるということは、阿弥陀如来坐像と脇侍が主役になるということだ。普段は金堂の真ん中、奥深くに鎮座している阿弥陀如来は信仰の中心である。門跡寺院である仁和寺では皇族が門主となっていたので、国家安寧を如来の前で祈願していたのだろう。代替わりを控える中で、しかも東京に仁和寺金堂を再現するのは因果なのかもしれない。

レア ★☆☆

観たい ★★☆(金堂再現を含む)

【仁和寺】金堂

f:id:kokuhou:20180113193102j:plain仁和寺展が、いよいよ東京国立博物館で始まる。御室派が持っている寺宝の数々が見どころであるが、聞くところによると仁和寺金堂の内陣を忠実に再現したコーナーができるらしい。普段は非公開で、特別公開などでたまに見ることができるが、内陣の内側には立ち入ることができない。再現された空間をぜひ味わってみたい。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。