国宝を観る

京博で開催される秋展・国宝を観るためのサイト

京都博物館で開催される国宝を楽しむため、出品される作品を独自に星付け。一言コメントあり。詳しい解説はリンクを参考に。

宋磁の美 飛青磁花入

大阪市立東洋陶磁美術館では企画展として宋磁の美を開催中。膨大な陶磁器の寄贈を受けた安宅コレクション(この寄贈を元に美術館を建設した)中から選りすぐりの品々が陳列されていた。そして、所蔵の国宝2点も展示されており、国宝展にも出品される。

f:id:kokuhou:20170813210450j:plain

青磁花入は釉薬できれいに染まった青磁の花瓶の表面に文様のように鉄斑が浮かぶ、見れば見るほど変化に富んだ花入れである。春先にあった青磁展では台湾の国宝ともいえる青磁も来日していたが、それらに負けず劣らずの名品である。

期間 ⅠⅡ

大阪市立東洋陶磁美術館

 

井戸茶碗 銘喜左衛門

孤篷庵自体、基本は非公開で数年に1度特別公開されるだけの拝観が難しい庵だ。江戸時代の名造園家である小堀遠州が建てたもので、視線の変化で部屋の雰囲気が変わる工夫などがあり、普通に見ていては気づくことができない小さいながらトリッキーな庵である。その秘宝となるとよっぽどのことがないと見ることが出ない、ということはなく度々展示会へ出品されている。井戸茶碗 銘喜左衛門は日本人が好きなオーソドックスなフォルムの朝鮮茶碗だが、所有者が腫物で病んだことで記憶に残る品となった。

レア ★★☆

観たい ★☆☆

コラボ ★☆☆

期間 ⅢⅣ

文化遺産データベース

竹斎読書図 伝周文筆

周文は相国寺の禅僧で、足利将軍お抱えの絵師だ。ただ、周文の作品で確実な本物がないそうで、南宋から元・明時代の中国画の影響を受けた素晴らしい作品で落款も押しているので本物に近いだろうとされている。

レア ★☆☆

観たい ★☆☆

コラボ ★☆☆

期間 ⅢⅣ

竹斎読書図 - e国宝

山越阿弥陀図

一個人(KKベストセラーズ)9月号には国宝への出品未発表作品で期間などの情報が掲載されているのが数件あった。その一つが山越阿弥陀図 (京博所蔵分)。永観堂にも同じ題材のものが国宝に指定されているが、前者は集団でこれから行動を起こしそうな構図だが、後者は阿弥陀が指示して動きだしている静と動の違いがある。並べて見てみたいが六道分野の出品はかなり充実しているので難しいか。

レア ★☆☆

観たい ★☆☆

コラボ ★☆☆

期間ⅠⅡ

www.kyohaku.go.jp

源信展 阿弥陀二十五菩薩来迎図

地獄の反対は極楽。浄土信仰は極楽に行くためには現世でなにをすべきかを説くが、その極楽のすばらしさが分からなければ信仰心も揺らいでしまう。すばらしさを図とした阿弥陀二十五菩薩来迎図 を観ることで極楽に行きたいと誰しもが思う出来栄えである。菩薩達の衣服を金で細かく描くことで神々しさが増し、現世の部分の平凡さ(絵はすばらしくわざと地味に描いている)と相まって神々しさが際立つ。源信展では前期の最初にしか展示がなかったが、一個人(KKベストセラーズ)9月号によると国宝展へ出品されるようで、短期間だったのはこのためだったのかも。

レア ★☆☆

観たい ★★☆

コラボ ★☆☆

期間ⅠⅡ

www.kyohaku.go.jp

源信展 雲中供養菩薩像 平等院

平等院内に極楽浄土を表現するため、52躯の菩薩が立体配置されている。その一躯を展示していたが、資料的な価値はあるものの迫力はない。六道絵がコンプ展示だったのに比べてしまうが、見劣り感が否めない。例えるならば、三十三間堂に千体の仏像があるから迫力があるのであって、その1体だけ別に展示してもといった感じだ。

期間 通期

平等院について | 世界遺産平等院 京都宇治

源信展 一遍聖絵

源信の思想に共鳴し、念仏布教により時宗を確立した一遍上人の絵巻が源信展・前半のはじめのみ展示されていた。路地や屋敷内など処構わず布教し、熱狂的な市井の民からの支持を初め、輿に乗る貴族からも慕われる姿が描かれていた。

期間ⅠⅡ

一遍上人伝絵巻 巻第七 - e国宝

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で、大まかに4期に分けて展示内容を変える。