国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

釈迦金棺出現図 京都国立博物館

京博でも延暦寺の根本中堂の内陣を再現していた。ここだけが写真OK。1階の個室に再現していたので周りに展示物はなく、展示会に来ていることを忘れて、ここだけ祈りの空間と化していた。

京博所有の中から国宝の仏画、釈迦金棺出現図が展示されていた。前所有者は松永耳庵。平安仏画で縦160cm×横230cm弱と大型。摩訶摩耶経の説く釈迦再生説法の場面を描いた図である。

この図を観るといつも真ん中で切れているように見える。釈迦が復活して棺から起き上がり光明に輝きと棺桶部分の落差が境目に見えてします。また、涅槃図のように周りを囲む人物と動物が棺桶を見えにくくしていて、下半身のない釈迦に見えてします。入滅からの復活と言えばイエスキリストにも同じ場面があり、認知度では釈迦以上に広まっている。どちらが真似たとは言わないが、宗教的な逸話は似たようなものが多い。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。