国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

本殿・中門 仁科神明宮

f:id:kokuhou:20220410213628j:plain

松本駅からJR大糸線で50分強。無人駅の安曇沓掛駅で下車する。そこから東へてくてくと歩く。道中は川があり、そこから見える山々の頂上はまだ白い。ほぼまっすぐの道を田畑を見ながら30分程度行くと、山腹に仁科神明宮がある。

神社は山の中にあり、それまでの登り道には住宅がある。そのため、切り開かれた道を歩くことになり、振り返ると絶景が楽しめる。一の鳥居、二の鳥居とくぐると、進行方向が90度変わり北向きに進路を変更。すると小高い位置に拝殿などが現れる。国宝は拝殿の後ろの本殿と中門を観るには、普通ならば拝殿からのぞき見する形が多いが、ここは左右を開放して、国宝の本殿と中門がじっくり見られるようになっていた。横から入ると日本最古の神明造が現れる。江戸時代初期から続く形式なのだが、創祀は平安時代までさかのぼる。本殿と中門は釣屋でつながっているため、一体での国宝指定となっている。

さて、行ってみて気づいたのは、真新しさが感じられる点だ。参拝後にホームページを見ると20年に1度、伊勢神宮のように式年遷宮が行われ、それが2019年だったようだ。令和の遷宮で生まれ変わったため、新しく見えた、いや新しいのだ。この遷宮の造営棟札は、南北朝時代の1376年からすべて保存されている。この歴史が国宝なのだろう。

東博の国宝が2022年10月18日〜12月11日に開催決定。 東博150周年の展示会が無事開催されることと観に行くことができますように。 (できれば展示替えを少なくしてほしい)