国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

金銅能作生塔 長福寺

f:id:kokuhou:20220307211336j:plain

仏教における塔は信仰の象徴で、仏舎利を納めることに用い、仏を宿らせる象徴となっている。仏像は具体的で分かりやすい象徴となっているが、塔もその内部や表面などに絵画を施すことで信仰の対象としてきた。

金銅能作生塔は宝珠などを納めるために造られた。古代の宝珠は貴重なため、それを納めるための容器も豪勢に作り上げている。高さは26センチメートルと持ち運びも可能な大きさだが、日常的に持ち歩くまでには至らない。高度な金工技術で作られており、信仰心の高さが分かる鎌倉時代の作品となっている。

 

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。