国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【きのくにの名品】古神宝類 熊野速玉大社

f:id:kokuhou:20211113185152j:plain

きのくにの名品で絢爛豪華な展示物は熊野速玉大社の古神宝類である。一括で国宝指定を受けているため、単品や数点での展示はよく見かけるが、これだけの点数を一度に展示することはあまりない。織物や工芸品、箱や扇、鏡などがあり、そのどれもが丁寧に作られていた。特に工芸品や箱などは金銀をふんだんに使って仕上げていた。千代姫所用の徳川嫁入り道具に匹敵する眩い品々となっている。日常品が大半なのは熊野速玉大社へ奉納することで神の国へ旅立った人が死後の世界でも日常品がなくて困らない様に願いを込めている。

さて、ロビーでは仏像などの彫刻が多数展示していた。なんでも見るだけでなく触って体験するコーナーで、普段は見るだけの像たちに手で触れることでより立体的に観賞する企画となっていた。発想はとてもよく、普段なら絶対に体験していたがコロナの影響で躊躇してしまった。次に同じ企画があれば触れてみたい。

 

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。