国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

講堂 唐招提寺

f:id:kokuhou:20210607211639j:plain

天平時代の建物として境内に残る唯一の建物が講堂である。平城宮の「東朝集殿」を移築・改築した。金堂の真後ろにあるため、入り口からは全く見えない。後ろに回ると横長の建物が現れる。開放感ある建物で、講和するにはとてもよい。

本尊は弥勒如来坐像で、菩薩であることが多い弥勒が悟りを開いた弥勒様である。厳しい戒律の中で修行するため、心が折れない様に常に悟りを開いた弥勒様が見守っている。

金堂で人々を救い、講堂で人を導く。鑑真和上の教えが伽藍配置に息づいている。

 

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。