国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

不空羂索神変真言経 三宝院

f:id:kokuhou:20210417190313j:plain

高野山霊宝館開館100周年記念大宝蔵展「高野山の名宝」Ⅰ期は新館でも武田信玄にまつわるものが展示されていた。武田信玄と言えば恰幅の良い禿げ上がった像が有名だが、その現物が登場。信玄所持の丸頭巾形冑や五鈷鈴(松虫鈴)、そして真田幸村(信繁)像や所持していた太刀もあり、甲州信濃高野山をつなぐ品々が展示されていた。武田信玄真田幸村ファンでなくても見ておきたい品である。

Ⅰ期だけの展示物としては三宝院の不空羂索神変真言経。この経典に基づき不空羂索観音と執金剛神像のセットで配置されている。東大寺の法華堂(三月堂)の配置がそれで、今回の霊宝館の快慶作の彫刻もそれに準じて作られたものである。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。