国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

渡海文殊群像 安倍文殊院

2014年に東博で行われた国宝展で、目玉展示のひとつであった渡海文殊群像の善財童子立像・仏陀波利立像は安倍文殊院に鎮座している。といっても本当は文殊菩薩の御付きなので、東征の下見に行ったということだろう。

釈迦三尊像では普賢菩薩とともに釈迦如来の御付きとして配置される文殊菩薩。ご本尊となると知恵の仏様として奉られるため、受験シーズンに多くの学生が祈念しに訪れる。安倍文殊院でもシーズンになると参拝者が増えるそうで、学問の神様である菅原道真公が祀られる天満宮に並ぶご利益スポットになる。もう一つ、ご利益があるのが魔除け。天文により占いを得意とする安倍一族の氏社であり同院は魔除けの祈祷を行う。そこでコロナ退散を祈願する人々が結構来ていた。

以前、訪問した時には接待によるお茶のもてなしがあった。しかし、コロナの影響で振る舞い茶はなく、お土産に落雁を頂いた。本堂に入り、廊下を抜けると正面に文殊様御一行が現れる。海を渡っている様子を彫刻化したもので、文殊様は唐獅子に乗り、左に維摩居士(最勝老人)と須菩提(仏陀波利三蔵)、右に手綱を持つ優填王と先導役の善財童子を御付きを配して並んでいる。快慶作の文殊菩薩は凛々しい顔立ちと豪華な装飾で飾られている。唐獅子は菩薩に比べて余り丁寧な彫られ方ではなく、後からやってきたのかもしれない。御付きの4名も肉体表現から表情に至るまで慶派の流れを感じる出来の良いもので、国宝となるべくしてなった秀逸な仏像たちであった。

さて、安倍文殊院の公の場所以外に掲げられている寺院名はアンニュイな文字(写真参照)が使われている。こんな緩い文字はだれが書いたのかと思ったら、榊獏山先生の書だそうだ。亡くなられて10年経ち、近畿に所縁のある書道家の痕跡が残っていて、思わぬ発見となった。

f:id:kokuhou:20200718210952j:plain

 

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。