国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

金印

f:id:kokuhou:20190911090125j:plain

うだるような暑さがぶり返したが、展示会的には秋のシーズンとなった。大型特別展が各地で開催されはじめ、シルバーウィーク、紅葉シーズンに向けて、旅の計画が進む。

その計画にかこつけて、常設展で必ず訪れたいものがある。福岡市立博物館にある金印だ。国宝の中で日本史の教科書の初めに出てくる人気展示品。各地で金印が出展されれば長蛇の列ができる。しかし、常設(展示会で各地を回っている時を除き)の福岡では200円で待ち時間なしで見ることができる。

金印を観た感想は「小さい」が圧倒的に多い。教科書などで観る金印は拡大されたもので、原寸は小指の第一関節よりも小さい。そこに文字が彫られているのだから、古代の微細加工の極致が詰まっている。また、本体が金であることも人気の秘密で、海外から来たと思われる観光客も「ゴールド~」と感激していた。歴史、見た目、技術の高さどれをとっても国宝間違いなし。

 

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。