国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【正木美術館 開館50周年記念】 三体白氏詩巻 

f:id:kokuhou:20181011170536j:plain

正木美術館は今年で開館50周年を迎える。それに伴い記念展示として、一片開花と題した展示会が行われている。正木美術館に行ったことが無かったので、この機会に行ってみた。

行く前まではせっかくの50周年なのだから3期に分けて開催するよりも一度に見てみたいとの思いがあった。だが、行ってみて分かったことは2階部分も含めてもそれほど広くない展示室だった。1期にして飾る名品を選ぶのは不可能に近い。3期になるのも当然だ。

そして、国宝は1期、2期が白氏詩巻、3期に大燈国師墨跡を展示する。今回は1期に行った三体白氏詩巻について。平安の三蹟と知られる小野道風藤原行成の両名筆で、道風が流れるような筆さばきに対して、行成はしっかりとした書き方に濃淡・強弱をつけたリズミカルな書であった。ともに入り口すぐの展示で、これぞ正木美術館の顔といった迫力がある。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。