国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【お守り刀】太刀 吉房 林原美術館

 

f:id:kokuhou:20180315204534j:plain

福岡一文字派の代表工、吉房の作品。

古い刀は騎馬上で振るうことを想定して、かなり長く造られていた。そのため、時代を経るとともに使いやすい大きさに加工してあるものが多い。その簡単な見分け方として、柄が備えられる部分の目釘孔が複数空いているものは造り変えている証拠となる。同刀は一つしか空いておらず、原型に近い状態で受け継がれてきた。同刀は今見ると少々長い太刀に感じるのも改変されていないためかもしれない。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。