国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【奈良博】義淵僧正坐像 岡寺

金剛寺降三世明王があるべき金堂へお戻りになった。そのバトンを受けたのが義淵僧正坐像である。大きさや迫力は降三世明王には遠く及ばず、見た感じも情けない顔となっている。なら仏像館には大きな仏像も多く、どうしても等身大に近い坐像となるとインパクトに欠けてしまう。今しばらくは明王の残像と戦うことになりそうだ。

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。