国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

肖像画(予想)

ほぼメインどころが出そろった感のある肖像画。後半の見どころになるためには残りの後鳥羽天皇像、花園天皇像をコンプリートするしかない。また、祖師図を肖像画に含むとすれば、明恵上人像、大燈国師像など京都にある仏画聖徳太子及天台高僧像などが展示候補になる。

出品発表済み

国宝 伝源頼朝像・伝平重盛像・伝藤原光能像 (神護寺) 【 III ・IV 】
国宝 随身庭騎絵巻 (大倉集古館) 【 III 】
国宝 北条実時像・金沢貞顕像 (称名寺) 【 IV 】

国宝拝観者たちの夢、千件越えをいつの間にか達成した。 毎年、国宝指定数が増えているので、容易にはなってきているものの、一つの目標が完結した。 次の1100件は果てしなく遠いので、1050件を一区切りにしよう。