国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【京都名品展】小葵浮線綾文様衵 熊野速玉大社

染物エリアは、一式指定の熊野速玉大社のものが出品。

熊野信仰の総本山、熊野速玉大社へ寄進された名品の数々。最近、いろいろな博物館で陳列しているので観る機会が多い。今回の京博でも寄託している名品が出品。

文化財になった場合、保管をきっちりできる場所(建物)の確保が必要になる。寄託することで、その場所の確保が不要になり、文化財保護の整った施設で保管される。しかし、手元から遠くへ保管場所が変わるので、常時公開ができない。和歌山県の新宮まで見に行くのはかなり遠いので、都会の博物館での公開はありがたい。昔の人が熊野詣の願掛けで奉納したものが、京都に戻って保管というのは、奉納者にとって願掛し甲斐がない。ただ、もう千年近く経っていることを考える願いが成就していなければ叶わない願いだったということなのだろう。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。