国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【京博名品展】四天王像のうち多聞天立像 浄瑠璃寺

1階へと移るとまずは彫刻ゾーンへ。そこには浄瑠璃寺の四天王像がある。

浄瑠璃寺は木造阿弥陀如来坐像9体が有名。観無量寿経の教えにある九品往生を基づき、平安時代中期の藤原家全盛期には様々なお寺に座像が寄進されたようだ。ところが応仁の乱を筆頭に平安仏像はほとんどが焼失した。だが、浄瑠璃寺は京都の端にある寺なので、戦争(国内の争乱も含め)などとは無縁だったことが貴重な仏像群が残っている。

田舎にあったことも幸いして、人目に触れないように保存されたおかけで像の彩色や截金がかなり残っている。美しかった像を想像できるぐらいいろどりが残っているので、つい物思いにふけってしまい、見学している人も足を止めることが多い。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。