国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【東大寺】木造弥勒仏坐像

4年前にハルカス美術館で開催された東大寺展が東北でも開催される。国家安寧を祈念するために造られた官寺・東大寺が震災復興のために一役買うのは自明の理である。なので、寺宝を惜しげもなく展示する。国宝は8件、重文は21件に及ぶ。ただ、東大寺の仏像たちは大きなものが多いため、運べるものが限られてくる。

大きさ的にちょうどよいのが木造弥勒仏坐像になる。定朝の登場以降の型にはまった仏ではない独特の雰囲気がたまらなくよい。なんともとぼけた顔が観ている人々をほっこりとさせる。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。