国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【興福寺 】天燈鬼・竜燈鬼立像

昨年春の興福寺・仮講堂特別公開や運慶展の最後のコーナーでも目を引いた燈鬼像。運慶の子・康弁作で、筋肉ムキムキの小鬼が塔を持ち挙げる力強さを見事に表現している。

他の仏像に比べると小振りであるにも関わらず、肉感・迫力・インパクトは大きさに反比例する。観る者が恐れおののく雰囲気ではなく、さりとて俵屋宗達がモデルにした三十三間堂風神雷神の如く威圧感もない、愛らしい猛獣のカテゴリーなのだろう。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。