国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【国宝】聾瞽指帰 弘法大師筆

ブラタモリでも取り上げられた聾瞽指帰。24歳の空海が高級官吏の道を捨てて仏門へ出家する決意を書いた書物である。決心を固めるために起草したので筆圧は力強い。空海は様々な顔がある。密教の伝道師にして宗教家、書道の達人、治水事業の監督などがある。前の2つは国宝展でその一端を観ることができる。治水は四国の満濃池の改修工事やなにもなかった高野山を一大宗教都市に仕立て上げるなど、治水の知識が相当あったのだろう。おそらくは官吏の限界を超えて、大きな事業を成し遂げる近道として宗教があったのだろう。その点が仏教に愚直だった最澄との評価の違いがある。それなくして今日の弘法大師は語れない。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。