国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

【国宝】三十帖冊子 仁和寺

 空海が入唐して学んだことを書写し持ち帰った冊子。橘逸勢なども書写に加わったとされている。日本に持ち帰ることを前提にしているため、冊子のサイズは小さくいつでも持ち歩いて書き写していたのかもしれない。

三十帖冊子を巡っては、東寺にあったものを金剛峯寺へ貸し出して帰ってこず、宇多天皇の裁きにまで発展したり、冊子を収めるための宝相華迦陵頻伽蒔絵冊子箱(これも国宝て出展)という特別な箱が下賜されるなど、当時の国家規模のお宝が目の前で見ることができた。

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。