国宝を観る

京博で開催される秋展・国宝を観るためのサイト

京都博物館で開催される国宝を楽しむため、出品される作品を独自に星付け。一言コメントあり。詳しい解説はリンクを参考に。

観音猿鶴図 牧谿筆

f:id:kokuhou:20170801212231j:plain

大徳寺は10月第2日曜日に曝涼(虫干し)風景を公開している。寺所有の仏画や書が所狭しと掛けられていて、すべて綺麗に保存されている。その中で、誰しも一目惚れするのが猿鶴図だ。博物館や美術館と違って詳細な説明はそれ程ないが、作品のオーラで2度見以上すること間違いない。大徳寺の他の秘宝をもってしても、これ以上の観ていて飽きない芸術はない。

レア ★★☆

観たい ★★★

コラボ ★☆☆

期間 Ⅲ

大徳寺 : 臨済・黄檗 禅の公式サイト

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で、大まかに4期に分けて展示内容を変える。