国宝を観る

京博で開催される秋展・国宝を観るためのサイト

京都博物館で開催される国宝を楽しむため、出品される作品を独自に星付け。一言コメントあり。詳しい解説はリンクを参考に。

近世絵画(予想)

金に彩られ華やかに仕上がった近世絵画は2次元芸術と宝物的魅了を併せ持ち権力の象徴。絵師にとっても予算を気にすることなく作品が作れるのだから、気合の入り方が違う。同分野は通期に渡っていろいろな作品を展示する配置となっていて、コラボ内容はⅢの長谷川親子共演のみは発表済み。おそらくその他の期にもテーマを設けていると思う。ⅠかⅡで宗達3作共演や狩野派大展示など奇跡のコラボが観てみたい。

出品発表作品

国宝 桜図壁貼付 長谷川久蔵筆 (智積院) 【10/24~11/12】
国宝 松林図屏風 長谷川等伯筆 (東京国立博物館) 【 III 】
国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆 (建仁寺) 【 I ・II 】
国宝 風俗図屏風(彦根屏風) (彦根城博物館) 【 II 】
国宝 雪松図屏風 円山応挙筆 (三井記念美術館) 【 III ・IV 】

国宝 燕子花図 尾形光琳筆 (根津美術館) 【 IV 】

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で、大まかに4期に分けて展示内容を変える。