国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

金工

梵鐘 延暦寺西寳幢院鐘

国宝の梵鐘はほとんどが寺社の所有である。現役のものもあれば、二代目に現役を譲り引退、陳列展示されているもの、特別に建屋が作られ保管されているものなど、様々な扱いがなされている。 国宝梵鐘にあって、異彩を放つのが佐川美術館か所有する梵鐘である…

銅板法華経(33枚)・銅筥(1口) (所有者:国玉神社、管理団体:福岡県、求菩提資料館保管 1142年)

求菩提資料館に複製品が常設展されている銅板法華経と銅筥の本物が、九博の企画展で展示されている。 九博は時代別に展示が行われている。なので入口すぐに古代の展示があり、そこには国宝の宗像と宮地嶽一括出土品が展示されいて、見ごたえがある。そこを抜…

片輪車蒔絵螺鈿手箱

所蔵品の多い東博では企画展(入場料だけで観ることができる展示)に見たい国宝が良く出てくる。ホームページに年間スケジュールが掲載されるので、観たいものがあれば日程を合せて訪問することができるのでありがたい。 その観たい国宝のひとつであった片輪…

普済寺 六面石幢

東京の多摩地区は中心部の大開発のあおりを受けて、住み場所として人が流入している。そのため駅前の開発は進み、新興住宅街として発展してきた。 普済寺のある立川も駅前はビル群が建ち並ぶ大都会で一通りのものはすべて買い揃えられる。しかし、寺のある最…

【平成指定】婚礼調度類(徳川光友夫人千代姫所用)

嫁入り道具が国宝になる。いまや死語となりつつある嫁入り道具。形式的なものは残っているものの、昔のような”嫁に送る”ため、家具などの一揃えを買って持っていくことはなくなった。少し大きな都市に行けば格安家具屋は道路沿いにあり、食器類も100円均…

梵鐘 西光寺

博多駅からバスで小一時間。田んぼがちらほらとある相良区にある西光寺には国内で5番目に古い梵鐘がある。山陰を転々として、明治期に金物商が購入、縁あって今に落ち着いている。 国宝の鐘の扱いは様々。東大寺のように現役のものものあれば、妙心寺では2…

金印 福岡市立博物館

国宝展で一番人気だった金印。福岡市立博物館に常設で展示しているというので見に行く。 博物館の常設展入り口の一番最初に金印の間がある。そのためだけの部屋で、全角度から見ることができるように工夫されている。本体が小さいので、特別展などではどうし…

【筑前左文字の名刀】 短刀〈銘筑州住行弘/観応元年八月日〉 土浦市立博物館

2018年後半は怒涛の刀剣展示会だった。その最後を飾るのがふくやま美術館の筑前左文字の名刀展である。寄託されている江雪と太閤が期間中常設で展示されるのに加えて、後半からは土浦市立博物館の住行弘が来広。左文字刀が一堂に会する展示会となった。 短刀…

刀剣博物館 延吉

2018年に新築・移転した刀剣博物館の国宝刀剣を見に行った。前期に行ったため、国行(来)は京都に遠征中。保有国宝3件すべてを一度に見ることができなかった。 コンクリート打ちっぱなし風ののっぺりとした建物は、両国の国技館や安田庭園など通りに和…

阿弥陀寺 鉄宝塔

山口県防府市にある阿弥陀寺。国宝がなければ行くことはなかっただろうが、行ってとても勉強になった。 東大寺の別院である阿弥陀寺(山口県防府市)は、重源上人の大勧進の成功に欠かせない場所にある。重源上人の像は運慶展でも一、二を争う人気があり、こ…

吉川史料館 太刀 銘為次 (狐ヶ崎)

刀が乱舞する京から維新150周年の山口へ。こちらでも国宝の太刀を拝見できる。 吉川家は毛利元就の次男・元春を養子に出して家督を継がせた家柄。小早川家にも三男・隆景を養子に出し、両川家は毛利元就の中国地区統一に大きく貢献した。関ヶ原の合戦の事後…

【京のかたな】太刀 銘三条(名物三日月宗近)

昨年の今頃は国宝だらけだった京博。今年は刀だらけの展示となっている。おまけに客は女子だらけでもある。 普段来そうにない人々を集めたのは、シミュレーションゲームの刀剣乱舞の影響。登場するキャラクターたちが刀をモチーフに擬人化したもので、その元…

【泉屋博古館】 線刻釈迦三尊等鏡像

京都・東山にある泉屋博古館は住友家が集めた美術品を展示している。東京の六本木に分室もあり、京都と東京それぞれで特徴のある展示を行っている。 今回は仏教美術展ということで、同博物館所有の国宝、線刻釈迦三尊等鏡像の展示があり見に行く。展示は特別…

太刀 無名一文字 山鳥毛

国宝っていくらで買えるの? そんな疑問に真っ向から答えを出したのが太刀 無名一文字、通称は山鳥毛。上杉謙信ゆかりの刀とあって、上越市が購入を希望し交渉していた。市の特別予算はもちろん、ふるさと納税や募金などを募って3億2千万円を計上し、交渉…

宇佐八幡宮 孔雀文馨

大分が日本の歴史上最初に注目されたのは769年の宇佐八幡宮神託事件だろう。 奈良時代、孝謙上皇は対立していた藤原仲麻呂を失墜させると、重祚により称徳天皇となった。その片腕が道鏡で、僧籍のまま太政大臣や法王の地位をあたえるぐらい寵愛した。そし…

【糸のみほとけ】 綴織當麻曼荼羅

奈良博は仏教関連の展示会でマイナーだが観ると素晴らしい企画をする。昨年の源信展では各宗派の宗主(スーパースター)が参考(あこがれた)にした浄土の世界について展示し、一部では大反響だった。 そして、今回は刺繍による仏教美術。見仏記による彫刻仏…

【徳川美術館】名刀紀行 短刀 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)

この秋に京博が開催する京のかたな展。京で作られた刀たちを全国各地から集めまくった展示会で、博物館が企画する刀の展示としては質と数ともに最大級のものとなっている。そして、武家の棟梁が本気を出せばという展示が名古屋の徳川美術館で開催されている…

太刀 銘国宗 照國神社

国宝は日本国内にあって初めて指定される。どれだけすばらしいものでも海外に流出しているものは対象外である。そのため、海外から輸入されたもの(茶器や絵画など)が国宝に指定される例は多いが、海外に渡ったものが指定されるのは珍しい。 照國神社が所有す…

大山祇神社

徳川幕府が出した大型造船の禁止令までは、瀬戸内の海賊たちが西日本の海を支配してきた。特に源平盛衰を懸けた12世紀から戦国時代までは戦いの中で、どうしても海を利用することがあった。海運は陸上輸送に比べて圧倒的な速さと物量を運ぶことができるため…

【奈良博】春日大社のすべて

奈良国立博物館は奈良公園の一角にある。ところが、公園がどこからどこまでなのかはわかりにくい。なぜなら公園に整備される以前からある寺社仏閣が多数存在し、境目がない。もともと興福寺の領地だった場所が公園として整備されたためだろう。また、道路を…

【畠山記念館】蝶螺鈿蒔絵手箱

大正から昭和初期にかけて、茶道は経営者の嗜みだった。廃仏毀釈と大名の凋落で市場に出回った骨とう品を外国人や国内の経営者が買いあさり、コレクションとした。戦前ならば見ることは叶わなかった品々が戦後50年以上が過ぎ、資産管理を兼ねた美術館運営…

【東博】 名作誕生 つながる日本美術

3月、大阪・中之島に都市型美術館・香雪美術館が誕生した。関東では珍しくなくなった複合施設内の美術館だが、全国的にはまだまだ珍しい。この美術館は芦屋にある朝日新聞の創業の村山家が蒐集した美術品を展示している香雪美術館の兄弟的な存在で、ビル内に…

【お守り刀】太刀 吉房 林原美術館

福岡一文字派の代表工、吉房の作品。 古い刀は騎馬上で振るうことを想定して、かなり長く造られていた。そのため、時代を経るとともに使いやすい大きさに加工してあるものが多い。その簡単な見分け方として、柄が備えられる部分の目釘孔が複数空いているもの…

【お守り刀】短刀 名物九鬼正宗 林原美術館

短刀の展示会にとても合った国宝。 正宗は鎌倉幕府お抱えで相州の代表的な刀工。同刀は伊勢国鳥羽藩の九鬼家が所有していたことが名の由来。関ヶ原の戦いで親子が分かれて戦ったことへの謝罪?のため、九鬼守隆から徳川家康へ献上した刀だ。その後、紀州徳川…

【お守り刀】太刀 長光 林原美術館

岡山の林原美術館で恒例となった、現代の刀鍛冶たちの作品を展示・表彰する「第十二回お守り刀展覧会」が開催されている。もちろん実用もできる造りだろうが、あくまでも観賞用。守り刀なので、短刀が中心で刃紋が綺麗に仕上がっているなど、見入って取りつ…

【平等院】金銅鳳凰

写真は模造品。 鳳凰堂の由来にもなった鳳凰は宝物館で展示されている。外に出ているのは梵鐘と同様に模造品。雌雄一対で鳳凰であるが、展示場のように間近で観てもよく分からなかった。屋根の上にあると大きさが分からないが、神社などの狛犬より少し大きい…

【平等院】鐘

写真は国宝の模造品。 極楽浄土、末法思想、池泉型寺院がへ西暦1000年頃に流行った。釈迦入滅から1000年が経ち世の中が変わる終末という考えが流行、当時の権力者である藤原氏が阿弥陀にすがる寺院が乱立した。仏教がまだまば権力者のものであったこ…

國華 八橋蒔絵螺鈿硯箱 尾形光琳

日本独特の蒔絵は、絢爛豪華な大名たちの生活によく合う代物。観ているだけでうっとりする。権力者の象徴として相応しく、その蒔絵技法を用いて、螺鈿をちりばめた硯箱は筆記用具というよりも宝飾品の部類に入りそうだ。そのデザイナーが尾形光琳だったら、…

太刀 銘長光

通称・大般若長光。長光は長船光忠の子。丁子乱れの刃文を焼くが、互の目を交える点に特徴がある。この太刀は六百貫という超高値がついた逸品で、足利義輝、織田信長、徳川家康らが所有していたそうだ。そして、帝室博物館が購入して現在に至っている。

四天王寺 懸守

年始に訪れた四天王寺。ビックニュースが飛び込み春にも訪れたくなった。 ニュースは四天王寺の寺宝である懸守内部に如来像が入っていたというもの。形・大きさから何かが入っていることは見れば分かるが、国宝ゆえに割いて見ることもできなかった。今回、C…

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。