国宝を観る

京博で開催される秋展・国宝を観るためのサイト

京都博物館で開催される国宝を楽しむため、出品される作品を独自に星付け。一言コメントあり。詳しい解説はリンクを参考に。

国宝

【国宝】薬師如来坐像 仁和寺

大乗仏教の場合、多くの人に観て拝んでもらう必要があるので、人の大きさより大きい仏像がほとんどである。奈良・東大寺の廬舎那仏などはロボットアニメもビックリな大きさとなっている。一方で、小さな仏もある。これも東大寺の誕生釈迦仏立像は50センチ…

【国宝】周茂叔愛蓮図 狩野正信筆

狩野派の祖とされる正信の作品。息子の元信が土佐派の娘を娶ったことで、大和絵の技法を得て、狩野派を確立した。 その前の絵で、狩野派と聞いてイメージする派手さはない。8代足利義政の御用絵師として、山水画の基本をきっちりと固めた絵を納めた。同じ部…

【国宝】白糸威鎧

国宝展では3種類の鎧を順次展示してきた。赤と紺はすでに終了。二つとも保管状態がよく、美しい加工技術が印象的だった。ところが、白は少し違う。加工技術はこれまで見てきた2つと比較しても申し分ない。だが、その加工している糸に文字が書かれている。ま…

【国宝】両界曼荼羅図(伝真言院曼荼羅) 教王護国寺

大陸より空海が持ち帰った密教。その真理が曼荼羅にある。立体的に表現することがもっとも表しやすいようだが、大きな空間と製作期間が必要なこととと持ち運びに不便だ。 そこで図解したものが曼荼羅図である。言わば3次元表現を2次元にしたものである。これ…

【国宝】懸守 四天王寺

今も昔もかわいいものはかわいい。懸守は現在のお土産屋で売っていても手に取りそうなかわいさがある。根付や印籠、香合など小さいけれども細工を凝ったものが多くある。その先駆けとなるものだろう。数年前に根付ブームが来たように、懸守ブームが到来する…

【国宝】梅蒔絵手箱

今年の梅雨時に六本木・サントリーミュージアムで開催されていた展示会で大量の蒔絵手箱を観た。その中でも同ミュージアム所有の浮線綾螺鈿蒔絵手箱は単体でショーアップされた展示がなされており、修繕を終えた姫が帰還したぐらいの風格があった。 古美術ば…

【国宝】搨王羲之書(孔侍中帖) 王羲之筆

書聖・王羲之の摸本。聖とあがめられるのだから、その書は一目しただけで誰もが素晴らしいと納得するものだと思っていた。ところが、草書が走り書きのように見えて、これまで見た固い楷書体の墨蹟類の方が筆の達人のように思えた。 空海の書でもそうだが、1…

【国宝】鶉図 伝李安忠筆

鶉は愛玩動物として古事記にも登場していたぐらい昔から飼われていた。また、鳴き声もよく、江戸時代には武士の間で鳴き声を競う「鶉合わせ」なるものが開催された。 そんな馴染み深い鶉だが、中国でもおなじように人気があり、それを題材にしたのが同図であ…

【国宝】雪松図屏風 丸山応挙

等伯の松林図とは対極をなす力強さ。狩野派の描く荒々しい太い幹とは一線を画す繊細さ。太い幹に繊細さを兼ね備えたハイブリット型の松図である。 そもそも松の幹になる部分は下地のままで、なにも描かれていない。風景の基礎となる金泥を塗る段階で幹となる…

【国宝】源氏物語絵巻 柏木

2年前、徳川美術館開館80周年記念で、源氏物語絵巻国宝全巻を展示する企画展があった。五島美術館のものと合わせて展示する企画で、徳川美術館が西暦で末が5の年、五島美術館が末が0の年に行われているそうだ。つまり5年おきに開催されているようだ。 今回…

【国宝】不動明王像(黄不動)

曼珠院の秘仏。傷んでいたため、最近まで保存修復作業を行っており、久しぶりの展示となった。腹部分に清めのための仏画の痕跡が修復作業中に見つかったことは大きなニュースとなった。 それを確認できるかじっくり観察したが、予想通り分からない。なにせ修…

【国宝】松林図屏風 長谷川等伯筆

南宋画の影響を色濃く受けた長谷川等伯。山水画が中国のまだ見ぬ風景であるのに対して、松林図は日本の見ることができそうな風景である。最小限の書き込みにも関わらず、奥行きだけでなく温度まで感じる。もし、周りに人がいないところで見つめ続けたら、絵…

【国宝】短刀 銘 左/筑州住

美術館や博物館で何本も日本刀を観てきた。それでも刀を観ただけでよさや違いが分からない。 刀や装飾類を含めて100を超える国宝指定がある。装飾類は圧倒的な芸術性で指定されることで納得できる。平安期までの古刀も貴重性で指定されており分かる。とこ…

【国宝】真草千字文

パソコンやスマホで文字を打つことがほとんどになったため、文字を書くことがほとんどなくなった。読み書きそろばんが勉強の基礎だった時代から、読み打つエクセルの時代に変化した。 真草千字文は書道の手本書。楷書と草書がそれぞれ書かれていて、それを見…

【国宝】油滴天目

油滴天目について観たことを書く予定はなかったが、気になったことがあった。 曜変天目に大興奮していたⅡ期。京博でも展示に力を入れて工夫していた。とくに曜変の輝きを自然に近い状態で見てもらうため、照明を自然光に近いものを真上から特別に設えて展示…

【国宝】十二天像

国宝展ならではのコラボ、西大寺と京博所有の十二天像が一度に観ることができる。とくに火天は両方のものがⅣ期まで出品。戦火を逃れて現存する平安仏画は大変貴重である。前期で観た阿弥陀信仰とは違う、黄道信仰とでも言える天文学と地学を合わせた信仰が日…

【国宝】観音猿鶴図 牧谿

大徳寺は一休禅師が修行した禅宗寺院である。織田信長の菩提寺があったり、千利休が自害した原因となった山門があるなど武家と関係の深い寺社である。ちなみに龍光院も大徳寺の塔頭寺院である。 そんな大徳寺では毎年10月の第2日曜日に大徳寺では寺宝の虫干…

【国宝】金印

日本で最も知られる印鑑は金印だろう。漢委奴国王は中学生以上ならば覚えたはず。それほど有名な印鑑であるにも関わらず、本物を観たという人はそう多くない。詰め込み教育が為せる業だ。そのため、一目観たい人が多く、国宝の中でも人気・インパクトととも…

【国宝】伝源頼朝像

この絵のモチーフが源頼朝ではないとする説がある。見るとそれが誰であるか、そんなことはどうでもよくなる繊細な絵だ。黒い衣装は細かな文様が浮かび上がり、髭や髪の毛は一本一本丁寧に描かれている。同時代にヨーロッパにこれほどの肖像画があっただろう…

【運慶展】無著菩薩立像・世親菩薩立像

普段は興福寺の北円堂にいる無著菩薩立像・世親菩薩立像が東京へお勤め。北円堂では結界の中には入れないので近くでは見ることができない。また、位置が決まっているため、全体を眺めるのは至難の業であった。 近くで観ることができる東博では、指先の血管ま…

【国宝】夏景山水図 久遠寺蔵

南宋画の傑作にして東山御物のひとつ。徽宗皇帝筆とされる夏秋冬、国宝三幅の山水画が勢ぞろい。その中で夏景は老師が大きな松を揺らす風景が描かれている。構図の中では老師は小さい。だが、見た瞬間に空間に吸い込まれ、雪村の呂洞寶図ぐらい、大きく描か…

【国宝】紺絲威鎧 厳島神社

平安時代の大鎧で、完品はかなり貴重なもの。綺麗に保存されているのは、平重盛が厳島神社への寄進物だから。色あせた紺糸と(のちに補修した)紫糸のコントラストが絶妙で見ていてほれぼれする。春日大社の源義経が使った(とされる)籠手などに見られる不…

【国宝】木造兜跋毘沙門天立像 教王護国寺

仏像の表情は時代によって流行がある。円派は柔らかい表情で中肉的、慶派は厳つい顔つきで肉感的など、派閥によっても違う。そんな中で出品されている教王護国寺の兜跋毘沙門天立像は、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルのように面長で目が…

【国宝】伝教大師請来目録 最澄筆

中国留学は海を渡って行き来することから極めて危険な旅であった。留学に当たり幾艘も難破して留学・帰国ができないことがざらにあった。そのため、留学を終えて無事に帰って来ることはそれだけで誇れることである。雪舟などは中国へ留学したことを常に自慢…

【国宝】聾瞽指帰 弘法大師筆

ブラタモリでも取り上げられた聾瞽指帰。24歳の空海が高級官吏の道を捨てて仏門へ出家する決意を書いた書物である。決心を固めるために起草したので筆圧は力強い。空海は様々な顔がある。密教の伝道師にして宗教家、書道の達人、治水事業の監督などがある…

【国宝】後宇多天皇宸翰御手印遺告

相撲取りかプロレスラーか、手形を紙へ押す人はそう多くない。ところが、書物が本物であるということで手形を押し、それが後宇多天皇だったら国宝になる。達筆であるのはもはや当たり前。どうしても気になるのが手の大きさ。昔の人であるのでそれほど大きな…

【国宝】山水図 利唐筆

雪舟の国宝6点勢ぞろいで賑わう国宝展だが、南宋の本家の絵には圧倒される。Ⅰ期出展作品も素晴らしかったが、水墨画と言えば険しい山と自然という定番のパターン図柄。その最高峰は観る者の足を必ず止めてしまう。 高桐院の山水図は遠近法の概念がなかった時…

【国宝】曜変天目 龍光院

今回の展示会で一番観たかったもの。それが龍光院の曜変天目茶碗だ。京博も力が入っており、各階に曜変天目は「1階陶器にある」との看板。陶器の入口は近くで観るためと、その他の作品と遠くから眺めるための2通路を設けるなど、混雑をいかに回避するか入念…

【国宝】禅機図断簡(寒山拾得図) 因陀羅筆

価値観が時として美術品を破壊・再生させたがある。茶器ではわざと割って金で接合することで、その部分が味となって評価が高くなることがある。 絵画でも裁断されることがある。茶の湯を楽しむために建てられた茶室が小さいためだ。それまで大きな寺院のため…

【国宝】唐花文様横被

縫製技術によって唐花が浮き出るように見える布。最初観た時は古い布だとだけ思って素通りしてしまった。 隣の展示へ移って観ていた時に、ふいに唐花文様横被を観ている人が「角度を変えると模様がでるよ」との声が聞こえた。友達が「これのなにが凄いのか」…

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で、大まかに4期に分けて展示内容を変える。