国宝を観る

国の宝を観賞していくサイト

国宝を楽しむため、いろいろ書いています。 勉強不足でも観れば分かる。それが国宝だ。

2017-09-17から1日間の記事一覧

蘭溪道隆像

鎌倉仏教の名刹・建長寺。巨大な寺院がお出迎えしている、すぐ後ろ側は切り立つ山を背負い、一瞬で中国の山水画に思いを馳せてしまう、そんな境内となっている。その寺院の宝である蘭渓の肖像画。国宝の肖像画自体が数は少ないので、その他の名僧達も出展さ…

餓鬼草紙

そもそも鬼を見たことのある人はいない。鬼は架空の妖怪だ。架空のものを想像させるには絵にすることが肝心だ。いくら文字で表現したところで伝わりづらいことでも、絵で見たら一目で理解できる。絵巻物は餓鬼がいかにおどろおどろしいかを端的に表現してい…

金光明経 巻第三(目無経)

絵の描かれた巻物の上に、経が書く。そんな経典は多いが、その絵が絵巻物の下絵で、経を書くために設えたものでないことが珍しい。 レア ★☆☆ 観たい ★☆☆ コラボ ★☆☆ 期間 Ⅳ 金光明経 巻第三 - e国宝

国宝は2017年10月3日~11月26日が会期で無事終了した。 この展示会に出ていない800件以上の品々も見ていきたい。